共同養育サポートりむすび公式

離婚しても両親で子育て”共同養育”サポートを行う一般社団法人りむすび公式noteです。共同養育に向けた思いや活動紹介、インタビュー記事などを発信しています。http://www.rimusubi.com

共同養育サポートりむすび公式

離婚しても両親で子育て”共同養育”サポートを行う一般社団法人りむすび公式noteです。共同養育に向けた思いや活動紹介、インタビュー記事などを発信しています。http://www.rimusubi.com

    マガジン

    • りむすびDiary

      一般社団法人りむすびのコンサルタントやアシスタントがりむすびの活動を通した思いなどをつづります。http://www.rimusubi.com

    • りむすびInformation

      りむすびの活動の紹介。イベントや講座、取材記事などを掲載します。

    • 共同養育Man & Woman

      離婚した後、夫婦から親同士にシフトし、両親で育児する「共同養育」。実際共同養育を行っているパパママを直撃インタビュー! 共同養育のカタチは千差万別。最初からスムーズに始まるご家庭もあれば困難を乗り越えて実践しているご家庭も。 さまざまなケースをお読みいただき、離婚後の子育てにお役立てください。

    • 代表しばはしのつぶやき

      りむすび代表しばはし聡子のつぶやき

    最近の記事

    • 固定された記事

    離婚後もふたりで子育て”りむすび”紹介

    みなさんこんにちは。一般社団法人りむすびです。 はじめましての方もいらっしゃるかと思いますので、どのような思いでどんな活動をしているのか紹介させていただきますね。 ■りむすびの思い りむすびでは、子連れ離婚で悩まれる夫側・妻側それぞれに対して、離婚前の夫婦問題から離婚後の子育てまですべてのサポートをいたします。断片的に行えることではありません。すべてつながっているからです。 ​ 離婚問題の根源の多くは「心のすれ違い」です。司法の場で勝敗を決めたり、相手から逃げ続けることで解

      • 12/1はADRの日!法務省取材ADRフォーラム登壇しました

        12/1はADRの日。そして12/1−12/7はADR週間です。 ところで、「ADRってなあに?」ですよね。 法務省主催「法務省主催オンライン・フォーラム~ADR・ODRが身近にある社会に向けて~の実施について」のパネルディスカッション 民間団体としてADRの広報活動をお話させていただきました。 150名以上のご参加があったとのこと、ありがとうございました。 具体的なりむすびの取り組みはこちらの8つ。 ADRのメリットや裁判所との差別化なども含め、普及活動一つ一つをご説明

        • 共同養育とADRを広めるために〜二枚目の名刺プロジェクト最終報告

          9月からスタートした二枚目の名刺3ヶ月プロジェクト。社会人メンバーの皆さんと「共同養育・ADRを広めるには」について週1回MTGを重ねながら、先日最終報告いただき、PJ終了となりました。 どんなことをしたか。について、概要をシェアします。先にお伝えすると3ヶ月ではありえないほどの仮説・検証を行い、これだけのことが有志で集まってくださったメンバーで実践できたことにただただ驚きです。ともに活動してくれた仲間に感謝しかありません。 ■スコープ検討・仮説共同養育とADRというワー

          • 11/22までアーカイブ視聴あり|石田純一さん×音喜多駿議員と共同養育共同親権をディスカッション

            昨晩は、石田純一さん 音喜多 駿 議員と離婚後の子育てに関するトークショーでした。 突然の悲報でしたが、石田さんの元奥様でいらっしゃる松原千明さんの訃報がありました。 そのタイミングでこのイベントは意味があることだと、石田さんは共同養育や共同親権の必要性を力強く提唱され、松原さんやすみれさんへの思いも語って下さいました。 石田さんは9年間すみれさんと会えない時期があったとのこと。その間も母子を見守り続けてこられたそうです。 また、音喜多議員がいらっしゃることで離婚制度の

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • りむすびDiary
            共同養育サポートりむすび公式
          • りむすびInformation
            共同養育サポートりむすび公式
          • 共同養育Man & Woman
            共同養育サポートりむすび公式
          • 代表しばはしのつぶやき
            共同養育サポートりむすび公式

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            人生いろいろ!別れてもなお、共に親であり続ける〜高畠依公子さん

            みなさんこんにちは。一般社団法人りむすびです。 離婚後も両親で子育てする共同養育を実践しているパパママのインタビュー記事「共同養育man&woman」特集。 
今回は、離婚直後から共同養育を実践をしていた高畠依公子さんをインタビュー。 お相手への感情の整理の仕方や関係が良くなったきっかけ、お子さんとの父親との交流などについて思いを聞かせていただきました。 ■プロフィール お名前:高畠依公子(たかはたいくこ)さん  59歳 お子さんの年齢・性別 長男27歳、次男22歳 福岡

            【11/16朝日新聞朝刊33面 離婚後親子の形は?】コメント掲載いただきました

            11/15、法制審議会家族法制部会で離婚後の親権制度を 1共同親権を原則とする 2単独親権を原則とする 3原則を定めない という3案の中間試案が出されました。 これを受けて、りむすびのお仲間ファミリーの共同養育の様子、共同親権と共同養育についてのコメントが朝日新聞と朝日デジタルに掲載されました。 「離婚の条件で争うのではなく、夫婦から親同士の関係になるための精神面の支援や、別居後の速やかな面会交流を可能にする制度なども必要だ」 が一番伝えたいことです。ぜひお読みくださいね

            12/18開催!8割のひとが知らない?! 争わない離婚に向けた話し合い方オンラインセミナー

            離婚が頭をよぎったら… みなさん、どのような話し合いの方法を思い浮かべるでしょうか。 夫婦間で話し合いができない場合は、弁護士に相談して裁判所で調停や裁判?! 裁判所では書面でのやり取りになり、条件ありきでわだかまりが解消しずらいことも多く、さらには時間も費用もかかってしまいます。 そんなとき、中立な専門家が間に入って協議を進めていく方法があるのをご存知でしょうか。「ADR」=裁判外紛争解決手続きという方法です。 そして、今はオンラインでも離婚協議ができる時代。 特にお

            満足度95% キリンアカデミアセミナーアンケート結果と考察

            先日のキリンアカデミアセミナー、事後アンケートがあがってきました。 総勢90名ほどご参加いただき、42名の方がご協力くださいました。 フリーアンサーの感想も多くお寄せいただき感謝感謝です。 セミナーの詳細はこちら↓ アンケート結果の一部をシェアします。 ■満足度 なんととても満足・満足を合わせて95.3%。 キリンアカデミア代表の根津さんによると、平均80%くらいとのことで、今回非常に満足度が高かったとのこと。 ■印象に残ったパート 今回のセミナーは、 ①社会課題

            12/1法務省主催ADR普及に向けたフォーラム  ーADR・ODRが身近にある社会に向けてーパネリスト登壇します

            ADRとは、裁判によらず中立な第三者が間に入り話し合いを通して解決をはかる手続きのこと。なのですが、まだまだ認知度が低いのが現状です。    当事者間で話すことが困難だからと、一足飛びに弁護士に依頼し裁判所で調停をすると争いが激化しがち。そんなとき、知っておきたいのがADRという協議方法なのです。    このADRを多くの方に知ってもらうにはどうしたらいいか?という広報戦略を情報交換するフォーラム。 私は民間団体の立場として具体的な広報活動や課題をお話します。 関係機関向けで

            KIRIN社員様向けセミナーにて共同養育&起業のお話をさせていただきました

            KIRINの有志活動団体 キリンアカデミア主催セミナーにお招きいただき、 ①離婚後の子育ての現状と課題、共同養育、りむすびの取り組み ②りむすび起業ヒストリーとリーダーシップ論 をお話させていただきました。 実施に至った経緯はコチラ↓ なんと150名ものお申込があり、当日は総勢90名もの社員の方がご参加くださいました。りむすび主催では考えられない人数です。ありがとうございます。 セミナー冒頭に参加動機のアンケートをとってくださいました。 社会課題を学びたい、共同養育を知

            KIRIN社員向けキリンアカデミアセミナーに登壇します

            かねてから企業向けに共同養育の普及を切り込んでいきたいと考えていたりむすびですが、ご縁あってKIRINの有志団体キリンアカデミアさん主催のセミナーでお話させていただけることになりました。 このご縁というのは「二枚目の名刺」。こちらのプロジェクトメンバーにキリン社員さんがいらして実現しました。二枚目の名刺の取り組みはこちら↓ 今回のセミナー、ふたつの切り口のサムネイルで時期をずらして告知をし、どちらが関心を持ってもらえるかを検証。 ①社会課題を知ろう! ②リーダーシップ

            シングルファザーが別居親を演じて気づいたこと

            みなさんこんにちは。しばはしです。 先日公開しました面会交流支援の様子の動画。 こちらの動画でパパ役を演じてくださったのは、実際に面会交流支援のアシスタントとして現場に入ってくださっているシングルファザーのパパ「ゆうきさん」↓ 先日、ゆうきさんがスピーチをされる懇親会に参加したのですが、そのときにお話されていて印象的だったのが 「初めて元妻側の気持ちがわかった」という言葉でした。 ゆうきさんは、日頃から面会交流支援にスタッフとして入られているので、他のご家庭の面会交流の様

            離婚を悩んだらペアカウンセリングのススメ

            離婚を悩んでいる… 相手に気持ちを伝えられない 相手が何を考えているのかわからない ふたりで話すともめてしまう そんなとき、お互いの気持ちの交通整理しながら話し合いをするペアカウンセリングという方法があります。 具体的にどうやって話し合いをするの? を知っていただければと思い、昨年研修用につくった動画を公開しました。 リアルすぎる夫婦不仲あるあるをノーカット版でお届けします。 ぜひご覧くださいね。 ペアカウンセリング後、離婚や別居に向けた取り決めが必要になった際には、

            りむすび面会交流サポートの流れを動画にしました

            りむすびでは、別居離婚後に親御さん同士が連絡を取り合うことや顔を合わせることが困難な場合に、面会交流サポートといって、ご両親の間での連絡仲介やお子さんの引き受け渡し、付き添いを行うサポートを行っております。 当日の流れや様子をイメージいただければと思い、ダイジェスト版ではありますが、付き添い支援の流れがわかる動画を作成しました。 りむすびの仲間がパパ役、ママ役、お子さん役、支援者役となり、現場の様子をお届けしています。 各ご家庭により付き添いの距離感、写真撮影の有無など

            りむすび5周年を迎えました&NHKおはよう日本放送されました

            おはようございます。しばはしです。 2017年にひとりで立ち上げたりむすび。ともに活動してくれる仲間のおかげで、りむすびは2022年10月17日で5周年。今日から6期目を迎えることができました。 昨年、5期目を5周年と騒いでいたかもしれないのですが、2017年10月17日に設立したので今日が5周年で間違いないようです。 5期目は香川支部もでき、共同養育コンサルタントが5人に。5周年祝をかねて、先日東京で5人初大集合! 香川の波多江愛コンサルタントは娘ちゃんも連れてきてくれて

            “子どもがいて離婚したいと思ったら”セミナーに関するアンケートご協力のお願い

            りむすびは現在、二枚目の名刺さんのご協力のもと、離婚後も親同士が争わずに子育てに関わり続ける共同養育普及に向けた3ヶ月プロジェクトを実施しています。 ■目的と課題 プロジェクトメンバーと毎週MTGを重ね1ヶ月が経った今、りむすびの課題が浮き彫りになってきました。 ・りむすびがやりたいこと  →親同士が争わないためにADRという離婚協議の方法を知ってもらい、共同養育 をスムーズに実践できるようにすること。 これに対し、プロジェクトメンバーからのご指摘の数々が。 ・離婚を