見出し画像

自分の仕事の真髄はどこにあるか

2021/05/07 晴れ

もし自分の仕事を料金表にするとしたら?

自分のどのサービスに対して対価をいただき、どんな面で生徒のサポートをするのか。

生徒が最終的にテストの点を伸ばし、志望校に合格することを目指す状態とする。その場合、生徒のゴールは目標点数の学校名で定義することができ、定量化できる。

仮に自分が生徒だとしたら、そのゴールに向けてどんな課題点が出てくるだろうか。

計画の立案がうまくいかない

勉強の基本スタイルはシンプルだ。問題集を選択し、その問題集の中に載っている情報について理解度を100%にして、定着度を100%にするのみ。言い換えれば、知識の引き出しを作り、それを適切に引き出す練習をする。それだけ。

ここでのポイントを細分化すると、

①どの問題集を選択するか。②どのようなペースで進めるか。③理解不能なことが出た場合、どのように対応するか。④復習はどのくらいのペースでやるか。こんなもんだと思う。

各ポイントで生徒が自分でコントロールすることが難しいのは、自分にあっている問題集はどれかを決めること、理解不能なことに対して自力で対応すること。この2点に限る。進めるペース等は、目標の期限から逆算すればいい。

あとは、①〜④のコーディネートというのも難しいかもしれない。

ということで、計画の立案においてサポートできることは、

①問題集の選択(理解と定着のための問題集と、実力把握のための問題集)
②理解不能なことに対して解説をすることを計画に組み込む
③計画の各要素のコーディネート(いつまでに何をどんな順番でどれくらいのペースで進めていくのかを決める)

この3点だと思う。

計画が思い通り進まない

計画を立てることができたら、あとはひたすら実行するのみ。しかしここでも課題はたくさん出てくる。このフェーズでのポイントは以下のようになる。

①計画を決めた通りに実行できるか②計画立案時に予想していなかった問題が発生したときにどう対応するか③実行しても結果が出てこないときにその原因を特定することができるか④効果的な改善策を考えることができるか

この4点だと思う。①に関しては、そのための仕組みづくりはできるが、最終的には本人がやるかやらないかに行き着く。計画の立案時点で不可能な計画を立てていない限り、あとは本人次第となる。

②〜④に関しては、ある程度経験が必要だから、時間の短い学生時代に完璧な対応力を身につけるのは難しいかもしれない。だから、ここで俺の出番となる。

また、単純に出てくる分からないことに関する解説も、この計画実行中に行うことになる。

ということで、計画の実行においてサポートできることは

①計画実行に伴い出てくる問題点の原因究明と、解決策の立案
②問題集の問題でわからなかった問題の解説

この2点である。

自分がサポートできることは?その中で対価をもらってやることは?

ということで、自分が生徒に対してサポートできることは、

①問題集の選択(理解と定着のための問題集と、実力把握のための問題集)
②理解不能なことに対して解説をすることを計画に組み込む
③計画の各要素のコーディネート(いつまでに何をどんな順番でどれくらいのペースで進めていくのかを決める)
④計画実行に伴い出てくる問題点の原因究明と、解決策の立案
⑤問題集の問題でわからなかった問題の解説

この5点である。逆に、サポートできないことは、本人が実行しないことに対するサポートである。一歩を踏み出し、誘惑を断ち切り、目標に向かって突き進んでいくのは、本人にしかできない。

上記の5点において、自分は全てをサポートするのか、それとも一部をサポートするのか。5点の中で最も価値が高いのは、やはり分からないことに対する解説だろう。

その他の要素については、必要に応じて、となる。

では、分からないことに対する解説をするときに必要なことは何か。まずは、時間。分からないことを質問し、それに答える時間が必要となる。これは、今は十分に取れている。

また、分からないことをすぐに無くす仕組みも必要。こちらも、動画解説を活用することで対応することができている。

あとは、分からないことが何なのかを浮き彫りにする仕組み。これも、重要概念を説明してもらうことと、問題集を正しい方法で解くことで対応することができる。その仕組みも既に作ってある。

絶対に分からないことを無くす。これが俺のサービスの真髄。ここまで書いてたどり着いた結論は、今までに何度も言ってきたことであり、なんか同じことを繰り返しているだけにも感じる。

でも、定期的にこうして自分の仕事の価値について考え直すことは、大事だと思う。

ということで、これからも分からないことに対する解説をしていく。

そして、そのための最適な環境と仕組みを作る。

まあまあ頭の中がスッキリした。書くことは大事だなぁ…

以上!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます😃
1
やりたいことをやりたいで終わらせず、実行に移すことをモットーに生きています。起業・陸上競技・絵・写真・コーチング・読書・パグ・料理など。