「イシューからはじめよ」読了後感想

【本の概略】

価値のあるアウトプットを生み出すためには、

イシューをまず見極めることが必要である。

本書では、

・イシュー(今解決すべき本質的な課題なのか)を見極めることの大切さ

・価値のある仕事(イシュー度×解の質の両方を高めたもの)の導き方

・価値のある仕事のアウトプット方法

について書かれている。


【この本を一言でまとめると】

ビジネスパーソンとして仕事に価値を見出すならば、知的生産性を高めるためのプロセス(イシューから考えること)を怠ってはならない


【本書での重要なポイント】

①犬の道は通るな

まず世の中で「問題かもしれない」と言われていることのほとんどは本当に取り組むべき必要のある問題でないことがほとんど。価値のある仕事を生み出すためには、何も考えずにがむしゃらに働くという、ある種根性論のような働き方では辿り着けない。「イシュー度を上げる」→その後「解の質を上げる」という犬の道とは別のアプローチを常に選択することが大切である。

②よいイシューの条件

・本質的な選択肢である→答えが出ることによって、その先の方向性にインパクトをもたらすものであること

・深い仮説がある→一般的に信じられていることを異なる視点で突き崩せるのかを考える&「新しい構造」として現象を説明できないか考えること

・答えを出せる→答えが出せない問題には時間を割かずに、自分の視点や技術で本当に答えまで辿り着けるのかを見極める

③イシュー分析

イシューを見極めた後は、「解の質」を高めなければ価値のある仕事は生まれない。そこで大切になるのがイシュー分析(ストーリーラインづくり&絵コンテづくり)である。活動の全体像を明確にするために、イシューの構造を明らかにすることで、最終的に生み出すものは何か、何を伝えることがポイントなのか、そのために必要な分析方法は何なのかを考える必要がある。

③アウトプットの正しい心構えと正しい理解

分析や検証を始める際は、最終的な結論に大きなインパクトを与える部分から着手する。でないと描いたストーリーの根底から崩れた場合に手がつけられなくなってしまうからである。その次の段階では、バリューが同じものであれば早く終わるものから手をつけていくのが正しいアプローチ法である。またその際に「答えありき」ではないことを念頭に置くことが大切で、ほしい数字や証明が出なくても、それに固執せずに他の方法にすぐ切り替えることができる手法の豊かさを持ち合わせるべき。受け手に取って価値のあるアウトプットを生み出すためには、取り組む回数(回転度)と取り組むスピードの双方を落とさずに実践する姿勢が重要である。

④イシューに沿ったメッセージを人に力強く伝える

相手が語り手と同じように問題意識を持ち、同じように納得し、同じように興奮してもらうことが理想である。実現するためには、

・意味のある課題を扱っていることを理解してもらう

・最終的なメッセージを理解してもらう

・メッセージに納得し、行動してもらう

ことがポイントになる。伝える内容は論理構造はスッキリしているのか、明確な論理の流れで説明ができているのかを確認する必要がある。

【選択する行動】

1.まずは「イシュー」という言葉自体そのものを仕事中に発言する

→イシューを見つけて明文化していくまでの大前提を作る

【9月から実践】

2.イシューを見つけたら、スプレッドシートにメモをしていく

シート名は「イシューストック」

【9月から実践】

3.【対メンバー1on1】

仮説立てを徹底する

大きな仮説立て→サブイシューに分解→細かく仮説立て、の枠組みで課題を考える

→見極めるために「whyの並べ立て」「空・雨・傘」で解像度を上げる:実際ノートにこの形での深掘りを図として書いて、メンバーと一緒に紙を共有して見ていく

【9月から実践】

4.【対メンバー1on1】

新しいメンバーとの1on1では最初に、現状の課題を全て洗い出す

→そこからイシューの絞り込みをして、インパクトの大きい課題から解決に導く

【9月から実践】

5.【対メンバー1on1】

1on1で答えを出すのに悩んだら、「今考えてはいなく悩んでいる」と自覚できる意識を持つ。30分の1on1の時間を無駄にしない。

【9月から実践】

6.【対メンバー1on1】

メンバーの漠然とした「苦手な生徒さん」を、自分が苦手な原因を具体的なものに変化させる

「年代?」「性別?」「業界?」・・と様々な仮説をSFの情報と照らし合わせてメンバーと一緒に考えてみる

【9月から実践】

7.【対マネージャー1on1】

校舎の戦略を立てるために、まずは校舎の課題の洗い出しを再度実施する(9月末まで)→その際にSF上の数字から見えてくる情報を使用して、1on1の中でアウトプットする(優先順位付けとその理由まで明確さをもった状態にする)

8.【対マネージャー1on1】

マネージャーがMVKを取った校舎との掛け持ちなので、課題に対してどのような対策を取ったのかを意識的に質問し、比較材料を増やしていく

9.メッセージに納得して動いてもらう→この精度をあげていくために、その後のメンバーの行動を確認、振り返る時間をスケジュールの中にあらかじめ入れておく 行動に移していない事象はメモにまとめる →ここまでを習慣化に繋げる

【9月から実践】

10.自分の知識や技術では通用しないと判断した場合は生産性を上げるために、人に聞くor方法を試す期限を決めて回転数を増やすアプローチに即行動を移す

【9月から実践】

この10個をまずは実践していこうと思います。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2