分析試験成績書

油の劣化抑制性能試験、5項目の試験結果が確定しました。

すでに、酸価とカルボニル価については速報としてお伝えしましたが、昨日その他の数値も含めた試験成績書が発行されました。

今回の試験は2017年のものづくり補助金によって製作した試作機に、その後の研究開発の成果である3件目の特許内容を実装した改良機によって行いました。

2017年の製作後に、5日間かけて行った約26.7kg調理実験の結果と比較してみたのが下の表です。

4倍近い調理を行ってこの数値ですから、クールフライヤーの劣化抑制性能、そして「美味しさ性能」や「健康性能」が大きく進歩したのは間違いないと思います。

今回の実験は当社において実施しました。

今後は、調理科学や食品科学分野の研究をされている大学や企業との共同研究ができれば、と考えています。

ただし現状では試験ができる試作機は1台のみ。早く打開したいと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

2018年11月に3件目の特許を出願、自信を深め、事業化へ向けて情報発信を始めました。事業の進捗などを書いていきます。 ホームページは http://coolfryer.co.jp/ FaceBookは→ https://www.facebook.com/kyamada.cf1

嬉しいです!また読んで下さい。
3
揚げ調理を研究してきました。全くと言って良いほど油ハネせず、油交換なしで油を新鮮に保つフライヤー開発に成功。2020年秋の発売を目指しています。応援お願い致します!写真は調理中に油中を落下する水滴の様子です。 ホームページはこちら→http://coolfryer.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。