見出し画像

ずっと、“日本”に居たかった

ツイッターの “1日1投稿” は、自分の中で
その日を整理するために続けてる。

タイに来て、3ヶ月半が経過。やっと情緒が安定した。今は家でリラックスできるし、お腹いっぱい食べられて、ぐっすり眠れる。仕事は何も出来てなくて申し訳ないけれど、心が落ち着いたことで周りがみえるようになってきた。

タイにきた当初は、経験したことのない孤独感と、ネガティブな発想に呑まれていた。自分らしくないと自覚することが、余計に自分を圧迫していたと思う。辛かった。

慣れない環境で寂しそうにしている私を、連れ出してくれる方もいて。本当にありがたいけど、、周りがタイのひとってことが怖かった。この日は優しい皆のおかげで、最後は楽しく帰ったけど😂 パリピばっかりで驚いてた。笑

この頃私が求めていたのは、

気を許せる女の子と、地元の駅前で麻婆豆腐を食べてから、行きつけだったbarに移動してオシャレに呑んで、そのあと賑やかな人たちと合流して、朝まで呑んで暴れること。

お手伝いさせてもらってたスナックで、閉店後朝まで呑みながら、カラオケ三昧の生活。

各スタジアムにいけば必ず会える、大勢の人たちに挨拶をして、友達と語りながらサッカーを観ること。

うるさい妹の隣で、お昼寝すること。

よく考えると、何度も何度も繰り返した日常が
私には欠かせない大切な時間やった。

いつも忙しなく働いては遊んで、遊んで、
一人の時間なんてなかったから。
タイにきてから、ひとりの時間が多すぎて
耐えられへんかった

“帰りたい。”

と思ったことは、実は1度もなくて。
私の想いはいつも

“何しに、こんなとこ来たんやろ?”

やった。

心がピークに疲れていた時期、一晩全く眠れなかったことがある。それまでも、二時間ほどで目が覚めることはしょっちゅうあったけど、その日は22:00にベッドに入ったのに、眠れずに8:00を迎えた。胃が尋常じゃない痛さ。頭はがんがんする。挙げ句の果てには、うまく息が吸えずにどんどん手足がしびれていった。

“私はここで何もしていない、何のためにこんなところに来たんやろ?大好きな人たちは誰もおらへんのに。” 常にこれだけが頭にあった。
心から大切にしたかった彼氏とも、うまくいかなくなっていた。

恐ろしいほどマイナス思考な夜やけど、いま思えば

“空腹時は、ろくなこと考えない。”

この一言で片付くほどしょーもない夜。笑
あのときの私はどうかしてたけど
どうかしちゃうほど、日常が一変するってしんどいことなんやね。

この後少し経ってから、家族がタイまできてくれた。特別な感情は全く生まれず、いつも通りの雰囲気で最終日をむかえ、別れのとき

母が泣いていた。

母の涙は、はじめてみたような気がする。
帰りのバスで書き留めた文章を、そのまま貼り付ける。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

寂しい辛いなんて言葉じゃ言い表せない感情を、早く言葉にして書き留めて、この感情があるうちに緻密な計画をたてて、その通りにならないと死にたくなるくらい追い込んで、できるだけ早く頑張る。この辛さを卒業するために、がんばる。頑張れ私。

努力でしかつかない自信をつける。家族が好き、友達がすき、彼がすき。
日本を離れて疎遠になることを感じたり、皆それぞれ頑張ってることを感じたり、相手によって様々やけど、わたしの好きな人は好き。向こうがどう思ってようが好き。そんなんブレるもんじゃない

何があっても愛してくれる人がいる。これが私の強さ。そう自信もって言わせてくれる家族でよかった。
いつか、大切な家庭のメンバーにそう思わせてあげられるようになりたい。
そのときは母としてだけじゃない頼りになる要素をたくさん持っていたい。
だから、武者修行頑張る

でもいまは寂しい気持ちしかなくて。むり。やっぱり大好きな人には大好きでいてほしい。でもいいのわたしは限界まで愛し抜くんだ~その途中で愛される女になりたいな~。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

この頃ほんまに壊れてる。笑笑

毎日連絡をくれる
母・父・祖母・祖父・友達

愛されてるって幸せ。

何があっても、受け入れてくれる人がいると思えれば強くなれる。
生きてさえいれば、何もかも大丈夫。

家族や友達が大切なんて
今までここまで真剣に思ったことはなかった。
それだけでも、タイにきた価値がある。

一人の時間に多くの思考が生まれて
価値観が一変して、考え方もかわった。

ずっと日本にいたかったのは、

私のために泣いてくれる人たちのそばにいたくて
辛いときに寄り添ってくれた人たちを支えたくて

とにかく人が大切だから。

でもそんな人たちを置いてきたからこそ

覚悟

決まったよ。

せっかちなのも、立ち止まるもの自分のペースで
のびのび頑張れる素敵な環境です。

辛かった時期は乗り越えた👼

一緒に生きていきたいと心に決めていた人は
タイにきたことで失ってしまったけど。
彼を失ったことも、覚悟の根拠にしていきたい。

できることから少しずつ、
謙虚に、
感謝を忘れず
わたし、タイで頑張ります🍀

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

良い給料より夢をとりました。笑 でも、貧しくも全力な選手のために使います。 応援よろしくお願い致します🙏💕

ぜんぶ“すき”してね💓
37
元J1インターン|シリエスポーツクラブ広報営業|プロチーム運営を目指す🌟|アスリートの心を満たす食事法🍴|サッカーで人と土地を繋ぐ・地方にエンタメを創る|単身海外生活のリアル✍️|年に100試合現地で観てた異様なサッカー好き⚽😍|人を動かす原動力は愛💓
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。