見出し画像

仲よかった後輩について書いてみる vol.1

お久しぶり投稿です。

前回からいったいどのくらい期間空いたんだっていうね

調べたら丸々一ヶ月以上空いてたみたい

もはや三日坊主になってるのと一緒だわ

よくないっすね

まあでも書くことができなかった訳もそれなりにあって



忙しいにもほどがあった。9月は。ええ。



お友達と旅行があったり

何かしらのお祝いがあったり

同窓会もあったり



まあこれだけじゃそこそこやんって話なんですけど


問題は9月末をもって4年間続けたフィットネスクラブのバイトを退職したってことです。




めでたいやんお疲れ様。何が問題なん。





違うんすよ。


最後の最後に鬼のようにこき使われるわけですよ。最後だからって。



これってバイトどこもそういうもんなの?ん?


フリーター並みに働きましたよ。ええ。


連勤辛いーーとかいってられませんでしたね。後半休み3日くらいしかなかったもん。


でフィットネスクラブって結構遅くまでやってるんですけど、締めのシフトがまあ多かったわけですよ。


だからまあほぼ毎日23時近くまで働くわけで。



ブラック企業のサラリーマン?



世の大学生が酒を飲み終え、いい感じに酒臭くなりながら乗る電車で家に帰る時は本当に全員のお腹殴ってゲロ吐かさせてやろうかと思ってましたね。



ごめんなさい。


はい、忙しくて書けなかった理由を並べて、心を穏やかにするのはここら辺までにしときます。



で、たった今散々っぱら文句言ってましたけど、やっぱり4年間いた場所を去るのは惜しいもので


後半1週間くらいは割とナーバスになってました。


やっぱり最後は送別会とかやってもらうんですけど、自分がやってあげるのはすごい好きなくせにやられることに慣れてなさすぎて

いいリアクションは取れないしなんかめちゃくちゃ恥ずかしいみたいな感じ


でも人生でプレートもらったりとかプレゼントもらう機会ってまあそんなにたくさんはないわけで。

やっぱりめちゃめちゃ嬉しいんですよ、あれ。

皆さんも大事な人にはやってあげてくださいね。


僕も、自分が本当に可愛がってた後輩たちにすごい盛大にやってもらって、涙基本枯れてるんですけど久しぶりに泣いちゃいましたね。


でなんでこれ書こうかと思ったかっていうと、その時に伝えたかったことってあるじゃないですか。


僕は口で伝えるよりも残したい派で、そういうの手紙に書くのが好きなんですけど、いかんせん人数が多すぎて、一人一人あんまりたくさん書けなかったんですね。


腱鞘炎になるから。絶対



なんか喋ったら文字起こししてくれるAIとか出てきたけど、喋ったら実際にそれペンで書いてくれるロボットとか現れないですかね。



それとももしかしてもう現れてるんですかね。


もしいたら僕のとこまできてください。スクラップになるまでこき使っておげます。



とにかく、そこであんまり書けなかった物をここで沢山書きたいと思います。

ブログなんで本人に向けてって言うよりは少し紹介みたいな感じで。


だからタイトルにも書きましたけど、知り合いは絶対に見ないでください。恥ずかしいので。



はい、では行きます。

一人目


キョースくん (ハイ)

一個下のバスケ男。ガチムチです。体やばすぎ。


ボディメイクの大会とか出るようなやつです。



大会の後の勤務で会った時はゴキブリみたいな色してました。



結構自由なやつで、会社にやれって言われた事やるより、自分の気持ちとかテンション優先いて行動したくなるタイプ。

まあまあ歴もあるけど仕事としてできることが増えているかっていうとあんまり。笑


でも本人のトレーニングとかに対する知識が凄まじいのと、人当たりの良さ、あとは良い距離感の近さでお客さんにはすごい信頼をもらって、色んな物をお客さんに返してます。


いいっすよね。それ。


バイトだからできるって所もあると思うんだけど、身一つでお客さん惹きつけるってなかなかできないと思います。


まあそれを会社で今後やるためには最低限の気遣いとか協調も大事じゃないって話は彼としました。


でその距離が近いってのはやっぱ先輩としては可愛く写るんですよ。

慕ってくれてる感がすごいあるし、こっちも可愛がってやりたいなってなります。


事実、二人で遊んだりするのはこいつが一番多かったかな。

勤務かぶることが多かったから一緒に飲み行ったり、買い物行ったり、静岡までドライブ行ったり。



彼女かな?



一回職場で、白Tにデニムって言うコーデが完全にかぶった時があったんですけど、なんか一瞬ネタにできない空気流れてました。



実はネタじゃなかったのかな、キョースの方は。どうなんだろ


まあそんだけ近い距離感で接して可愛がった後輩ってことです。

来年から就職で、今と同じフィットネス業界に行くとのこと


今と変わらず、お客さんから可愛がられるスタッフでいろよ〜


一回はお前が出てる大会見に行きたいな


バスケもしよう、いつかね。


有難う



はい。

でですね、今気づいたんですけど。

ここに全員分書いたら頭おかしい量になると思ったんで、一人1ノートにします。

ノートの数も稼げるもんね。



やかましいわ。



てことで次回はまたジムの後輩、そーたくんについて書こうと思います。


チャオ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
1996.12.23 音楽、ワークアウト、その他日常 insta: https://www.instagram.com/ky_1r/?hl=ja twitter: https://twitter.com/kyoichirotakeda
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。