コーチングのゴール

去年の8月から、コーチングを受けている。mentoのβ版リリースをtwitterで見つけたのがきっかけだった。改めて自分の人生を振り返る良いきっかけとなっている。去年を振り返っても5本指に入る大きな変化だった。

今日はそんなコーチングのゴールについて、ふと思いついたことがあったので書き留めておきたい。

コーチングの目的

ブレーキを外すとか、エンジンをかけるとか、色々言われているけれど、僕が利用する最大の目的は、OKRのObjectを決めることかな。3ヶ月、1年、3年、10年くらいのポイントでの、Ojbectを立てること。

やり方はさっぱり分からないけど、どうしてもそこに行きたい。今向かってないのはおかしい、と思えるObjectを設定できれば、それに向けたバックログ整理や予実管理は勝手にやりだすと思う。

Objectに対する進捗やブレーキを定期点検して、達成不可をなるべく避けてもらうのが2番目の目的になると思う。

良いObjectの条件 = わくわくすること
・現状の外にあること
・リアリティ(イメージ・臨場感)が高いこと

この続きをみるには

この続き: 824文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

雑記

月額1,980円

僕の考えることや日々気になったトピックについて散文を書きます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
悩みながら書いています。 https://kuwausk.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。