見出し画像

俳優を考える会 をやりませんか


先の公演振り返りで、若手の俳優力がヤバいと書きました。
演技力もそれに含まれますが、トータルの俳優力についてです。

演劇作品をつくるイチ創作者として、作品に携わるにあたって必要な力が足りていないのではないかと考えています。

自分も演出家ではありますが、その前に俳優でありたいと今のところ考えています。
そして僕自身もその力が足りておらず、もっと力をつけたいです。

実力がないことは、それはしょうがないことでもあります。
時間がかかることだし、得られる現場も限りがあるからです。

しかし、これはド偏見ですが、特に自分の力を磨くことなく、出番・出演作を増やす、いい役にありつくことばかりが若手俳優の中で優先されている気がしています。僕にもそのケはあります。

定期的に、演技体としての自分と向き合う、俳優と俳優が接する、そんな時間を作りたいと考えています。


俳優を考える会:概要

すること:俳優による、俳優のための勉強会
題材は持ち寄りで、参加者であれこれ話したり試したり、見たり見られたりする場です。

日時:毎週の定期開催
参加者と曜日や時間を調整したいと思います。
現状、平日の夜よりは、土曜日の午前、とかがいいかなと考えています。
「毎回は参加できない」方がいても全然いいと思っています。

参加者:10代〜20代の俳優(プロを目指す、またはプロと同じ舞台に立つ、または俳優について考えたい人)
30代以上は、ご自身で場作りをされてください。

場所:公営の練習場を予定しています

参加費:無料
ただし、毎回の参加者で稽古場代を割り勘しましょう。

LINEで、参加者のグループトークを作ります。
毎回、やったことや感想をまとめる議事録のようなものを更新していけたら良いなと思います。


やれたらいいな:ゲスト講師

普段は持ち寄りの勉強会でも、月に1度はプロの方などをゲストにお迎えして、「教わる」ことができたらいいなと考えています。

ダンサーさんをお呼びしてトレーニング方法を学ぶ
ストレッチや身体のケアの方法を学ぶ
俳優の先輩をお呼びしてアドバイスをいただく

…etc


やれたらいいな:公演

時が経って、俳優としての魅力を獲得できた気がしてきたら、参加者で公演をするのもいいなと考えています。

サイエンスホールとか借りて、どこか祝日に、1回限りの公演、みたいなものを。


この会の意味

まずもって大事だと思うのは、俳優という職業について考えることかと思っています。

どんな人が俳優か
俳優の仕事

どんな俳優がいいか
どんな俳優になりたいか

そんなことを話すところから始めるのもいいと考えています。
少なくとも初回は、僕はこういう話題を持ち込むつもりです。

現場で、大人や先輩が教えてくれることはたくさんあります。
でも、自発的に、自分から拾っていかないと、吸収していかないと、俳優力はつかないと思います。

”本番が待ち構えていない”状況で、何度失敗してもいい状況で、自分が思う課題について、ひとの力も借りながら立ち向かうこと。
自分が考えてもいない話題を他者が持ち込むことで、今まで気づかなかったことが見えてくること。
共に見る・見られる中で、共通の話題について意見を交わす中で、様々な対話が生まれること。

これらどれもが、この会で見込める素敵なことかなと思います。

現実はそうはならないかもしれませんが、まぁやってみないことには分からないし、劇団でも部活でも、とにかく「本番に向けて」か「休息」かになりやすいところ、こういった垣根を超える可能性のある場はあっていいんじゃいないかと思っています。


描く未来

最終的な目的地は、福岡の演劇の盛り上がりです。

いい企画があっても、いい作品がないとダメです。

いい作品は、いい俳優が必要ってことはないかもしれないけれど、いい俳優がいれば、全員がいい俳優であれば、いい作品になりやすいと思います。

福岡の演劇がダメ、というか、全国に向かっていけない現状は、プロデューサー不足が最たる理由だと考えますが、プロデューサーがいたところで、プロデュースされるべき劇団も見当たりません。

演出家がいないのは、俳優がいないからです。
俳優を伸ばすのは演出家の仕事ではありません。

俳優が自覚的に伸びられる場所を、一緒に始めませんか。


参加方法

加茂までご連絡ください。
TwitterのDM、LINE、メールなんでも結構です。

僕含めて3人集まったら、さっそく始動したいと思います。

いつから始められるでしょう、5月中旬とかから始められるといいな、など考えています。


最後に、ここまでお読みいただいて、それでも関心があって、参加されたい30代以上の方は、どうぞご参加ください。


END.

in福岡(25) 演出家/制作者