家よ 腐れ

「ウルティマオンライン」では、月額課金中の1アカウントにつき1軒の家を所有する事ができる。
ではそのアカウントの課金が止まるとどうなるか。
課金停止後、数日間の猶予の後に家は消えてしまう。これをゲーム内では「家が腐る」と称される。

家が腐るとその家にあったアイテムは全て地面にばら撒かれ、誰でも拾える状態となる。そして土地は更地となり、誰でも家を建てられる場所となる。

話が少し逸れるがわしがUOを遊んでいた時代、家を建てる為の土地はまだまだ希少で、家というものは他のプレイヤーから大金を払って買うか、知人から譲ってもらうのが常道であった。

買う場合はUOにおける不動産屋に掲示板等でコンタクトする事になる。
不動産屋というのは家の確保の為だけにいくつものアカウントを保持し、家(というより土地だが)の売買にてゴールドを稼ぐことを生業としているプレイヤーである。
古今様々なネトゲがあるが、ゲーム内で土地転がしが成立するゲームというものも希少であろう。
土地の価値としては町およびワープゲートから近く、また回りにモンスターの湧きが少ない所が好立地で高値とされる。
リアルで当てはめれば、コンビニおよび駅近であり治安の良い場所という事になろうか。

では金もコネもない者はどうするか、自力で土地を確保し家を建てるしかない訳であるが、そこで家腐りである。家が腐った瞬間に自分の家を建てればよい。
腐る予定の家の看板には「この家はもうすぐ腐るよ」的なメッセージが表示される。ただし、その家がいつ腐るかはざっくりとした時間しかわからない。
この腐りメッセージがかなり曲者で、公式ではおおよそ7時間で腐るとされていたが、わしの実体験では10時間以上腐らなかった事もありスケジューラーとしては全く当てにならない代物であった。

であるから土地を所望する者は、まず腐りそうな家を足を使ってひたすら探し、後は家が腐るまで現地でじっと待つのである。
もちろんライバルは無数にいる。上記の不動産屋を始め、家から放出されるアイテムを狙う者達である。
アイテムについては家が腐るまで何が落ちるかは分からないが、特にベテラン褒章と呼ばれる、長く課金した者のみが入手できるアイテム等は高値で取引された。

腐りタイマーがいつスタートしたかは、誰にも分からない。
大体の目星をつけてひたすら待つしかないのである。5秒後かもしれないし5時間後かもしれない。
そうこうしている内、どこで聞きつけたか人がぼちぼち集まってくる。
これがトラメル(PK不可ゾーン)であれば傍目は暢気なもので、今の土地はモンスターが湧くのが嫌で引越ししたくてとか、あそこに飾ってあるあのアイテムが欲しくて等、腐り待ち人同士で井戸端会議など始まる事もあった。
ただしそれはあくまで表面上でのみで、皆モニターを鬼の形相で睨んでいるはずであった。なにせ周りは皆ライバルであり、家はいつ腐るか分からないのだ。

特に深夜の腐り待ちは過酷である。
予定時刻を過ぎてもまだ腐らない。やがて午前2時、3時となるもまだ腐らない。いつ終わるかわからないのに、片時もモニターから離れられない。
徐々に減っていく人々。早く腐れ、早く腐れと心の中で念じる。
わしは家は既に持っていたので主にアイテム狙いである。

やがてその瞬間は訪れる。
家が腐る時、それは何の前触れもなく本当にパッと消えるのである。
地面のセキュア(=アイテム庫)にわっと群がる人々。さながら欲望に満ちた餓鬼の集まりか。もちろんわしもその中の一人である。
アイテムをもてる重量には限界がある。すばやく価値のありそうなアイテムを見分ける判断力と、拾い上げるスピードが命である。
こうして静かな祭りは終わりを告げる。

ハゲタカが去り、新たな家が建ち、祭りの後にはゴミだけが残される。
ゴミの中にはかつての住人が記していたであろう、日記の様なものが存在していたりする。その家の住人はどの様にUOで生活していたか、色々と想像せずにはいられない。そしてもうこの世界にはいない、見知らぬかつての住人に思いを馳せたりする。

一方でフェルッカ(PK可能ゾーン)での腐り待ちはもっと殺伐としている。
基本的に皆、ハイドスキルで姿を隠しているので自分以外何人のライバルが存在するのか釈然としない。(サーチするスキルもあるが)
やがて当然の様に現れるPK達、無力に狩られていく腐り待ち人達。
やや遅れてPKK達が登場。にわかに始まる団体戦。
突然家が腐り、無数の死体の周りにばら撒かれるアイテム達。
カオスである。

そんな家腐りというイベントが、わしは大好きだった。

わしがUOを引退する時、価値のありそうな物はあらかじめ処分し、家のセキュアには大量のゴミを詰め込んでおいた。
自分の家が腐る瞬間を確認する術は無いが、無数の腐り待ち人達が希望と絶望を味わい、楽しんでいただけたのであればこれ幸いである。

4
ゲーム翁。 ゲーム仙人を目指し日々精進中。ネットゲームを主に遊んでいる。

この記事が入っているマガジン

はじめての Ultima Online ,そして…
はじめての Ultima Online ,そして…
  • 30本

こちらのブログ( https://fsasuka.com/archives/2544 )を見て、Ultima Online 関係のnoteをまとめてみようかなと思い、やってみました。Ultima Online現役勢の方のnoteはなかなかないようでした。 (C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。