見出し画像

古書店が知らないうちにきえていた知らないままでいたかった春

季語:はる ( 三春 )  現代短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは 今後の句集制作に役立てます

詳細プロフィールご覧いただけましたか
76
ようこそ/現代語俳句を詠んでいます/現代語俳句/note電子句集/俳句エッセイ/俳句投句会/その他は詳細プロフィール欄・マガジン欄をご覧ください

コメント6件

翠さん、
コメントありがとうございます

bccksで店主してます
Kusabue書店よろしくお願いします 笑
古書店というところがkusabueさんぽいですね。私ならカフェ、になっちゃいました(笑)しかしこの寂しさはわかります。
悠凜さん、
コメントありがとうございます

古書店、こちらでも
どんどん閉店しているようです

ブックオフや時代の流れなどには
やはり勝てませんね
kanaさん、
コメントありがとうございます

カフェも雰囲気がありますよね

こうしたとき知らないままでいればよかったと何となく思います
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。