見出し画像

現代語俳句への旅 8



「大花火」
~現代語俳句集~

おおぞらは太初のままか蝉しぐれ

とおくへとみみを澄ませば蝉の国

島人らはためいている夏シャツよ

やわらかに日焼を洗いながす手よ

大ぞらをひとっ飛びして夏期休暇

おくじょうに出てより天地大夕焼

うでくんでかんがえるひと立秋ぞ

ひとり行く花野いつしか夢のなか

赤とんぼどれも夕陽ののこり火か

かお上げて銀河のはてへ一人一人

大うちゅうにぽつんと家よ七夕竹

かぜわたるおとよ地球の秋のこえ

きらめいていわしの群れの大竜巻

なにもかもひかりに消えた原爆日

子をつれてとおい日の子ら墓参り

いまここが世のまんなかよ盆踊り

ちょんまげのおおむかしより盆踊

生きわかれ死にわかれてぞ盆の月

あかるくてこの世あの世の大花火

とかいの夜おもいおもいに遠花火

Kusabue


サポートいただいた皆様へ

◇ 俳句のご使用 ◇
この記事の俳句作品は
ご自身の記事や作品のなかで
ご自由にご使用ください

◇ 作者名 ◇
作者名として「草笛」と
お書き添えください

◇ 商用利用 ◇
note内外での
商用利用につきましては
ご相談ください

◇ 著作権 ◇
Kusabue

この記事はサポート制になっています
頂いたサポートは俳句活動に役立てます

この続きをみるには

この続き:73文字

現代語俳句への旅 8

Kusabue ~現代語俳句~

210円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは 今後の句集制作に役立てます

マガジンで句集もお読み頂けます
26
ようこそ/現代語俳句を詠んでいます/現代語俳句/note電子句集/俳句エッセイ/俳句投句会/その他は詳細プロフィール欄・マガジン欄をご覧ください
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。