kurunabi
地方創生を車中泊で!恵那市車中泊大会 in women’s rally 2020開催報告!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

地方創生を車中泊で!恵那市車中泊大会 in women’s rally 2020開催報告!

kurunabi

1.women’s rally in 恵那 2020同時開催 車中泊体験会VOL1

2020年12月5日(土)~6日(日)岐阜県恵那市で「women’s rally in 恵那 2020」が開催されました。海外ではレースやロードレースの大会をキャンピングカーで観戦するのがスタンダードです。この恵那市でもそのスタイルを定着化するために今回トライアルで開催をしました。2020年11月WRC(ラリー世界選手権)が岐阜県恵那市で開催される予定でしたが新型コロナウイルスの影響で、中止。2021年こそはWRCの開催の時にどのような受け入れが可能かを模索させていただきました。全国からこの恵那市の地へキャンピングカーが集結しました

画像1

10メートルを超える大型の輸入車もたくさん集まりました。

大型車から、軽のキャンピングカー、車中泊の車両まで様々な車両が車中泊体験会の会場にむけて集結している様子をドローン映像で撮影しました。


画像2

2.車中泊体験会場は約380台収容可能な駐車場&多目的スペース

①広がる恵那市を中心とした車中泊スポット

岐阜県恵那市には数か所車中泊ができる場所があります。恵那市自体はもともとクルマ文化に非常に理解的であり、レースの招致などにも非常に力を入れてこられました。恵那市だけではなく、近隣の中津川市、土岐市などにも車中泊のスポットが更にひろがり、車中泊、キャンピングカーで旅をされている方々に非常にやさしいエリアとなっています。

②イベント用臨時車中泊エリア

ただし、これらのエリアはなかなか10台以上の車両を入れることはできず、今回は車中泊体験会を行うにあたり、恵那峡第4駐車場という広いスペースを活用することとなりました。しかしながら、ここには少量の電源、ポータブルの電源、ひとつの水道と広大なスペースしかない場所でした

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

③かんぽの宿恵那が車中泊体験会に必要なサービスを提供!

・かんぽの宿はくるまパーク(車中泊スポット)を開業。ホテルテイストで車中泊サービスを提供していることが特徴

画像8

・洗面、手洗い場所を提供する以外に有料でお風呂も提供。露天風呂、天然温泉を楽しめる本当に良い湯でした。(くるまパーク利用者は700円

画像9

・夜はお弁当、朝は和朝食、洋朝食から選べました。

日常でも手ぶらで車中泊来ていただけるように有料で食事の提供をしています。これが地域の名産、食材を活用して本当においしいのです。写真は和朝食です。

画像10

・かんぽの宿は恵那峡の近くに位置しています。施設内はコロナ対策も万全。くるまパーク利用者もフロントでチェックイン。ホテルテイストで車中泊とはカフェ、ロビー、休憩スペースも自由に使えるので普通の部屋に泊っているのとさほど変わらない印象です。来られた方々も大満足の様子でした。

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

そして、かんぽの宿くるまパークはなんと全国16か所あります。是非、お近くのくるまパークを一度ご利用してみてください。きっと満足いただけるとおもいます。

3.恵那市のくるまでの旅の魅力とは

恵那市のくるまでの旅の魅力はひとつの会場で楽しむのではなく、恵那市全体で楽しむ旅のスタイル。だからこそ、くるまでの旅が求められるのです。ご紹介するのは今回満喫した場所です。

ストーンミュージアム博石館

 ピラミッド前で自慢のくるまと一緒に撮影。迷路になっているピラミッドを散策。砂の中に入った宝探しなど、石にまつわる様々なことを楽しく学べる施設です。

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

画像22

・笑顔ペイント

車中泊体験会場でも楽しめるものは多数ありました。ひとつはアーティストの中島さんがオフィシャル笑顔ペイントを即興で参加者のみなさんの似顔絵を描いてくれました。

画像23

画像24

・今年はコロナ禍のなかで、全国的に花火大会が中止。花火とはもともと厄除けの意味合いもあり、今回は、参加者の厄除け、そして、来年のWRC(ラリー世界戦)の開催を願って、オリジナルの花火を打ち上げさせていただきました。


岩村酒造さんのサポート

岩村酒造さんの全面支援を受けて、甘酒の提供、そして、じゃんけん大会でも日本酒「女城主」をプレゼントいただきました。また、スウェーデントーチ用の檜、焚火用の桜の木など持ち込みいただきました。寒い夜でしたので本当に助かりました。

画像26

画像26

画像27

画像28

・教えて獣医師安先生!!

 ワンちゃん連れの方々に対して、一緒に旅をする、ウォーキングのポイントをご説明いただきました。そのまま、お散歩ツアーで実践。

画像42

画像43

・恵那峡の散歩ツアー

車中泊体験会会場の2日目朝、参加希望者をお連れして、恵那峡を散歩しました。わんちゃんのお散歩は獣医師安先生と、そして、わんちゃん連れでない方もふくめて、恵那峡の雄大さを感じました

画像44

画像29

画像30


画像32

画像33

・肝心のレースも堪能!!

午前と午後、恵那市では2か所でタイムアタックが行われていました。わたしたちは車の入りやすい根ノ上高原に向かいました。会場内の駐車場はキャンピングかでイッパイになり、来場者はなんでこんなにキャンピングカーが多いの?ということよりも、キャンピングカーいいなという声が湧き出ていました。同時にクラシックカーの展示も行われ、車好きの方にとってはとても楽しいひと時を送られていました。

画像33

画像34

画像35

画像36

・恵那 銀の森さんも協賛いただきました

岐阜県の恵那山のふもと「恵那 銀の森」。四季折々の季節を告げる木々と小川のせせらぎに包まれた小さな森の中で、おいしい・のんびり・たのしい時間を過ごせます。こちらで車中泊体験会参加者用に割引券を発行。おせちの注文、お土産(お菓子に、出汁商品等)、そして、お食事、カフェ、参加者の皆様は本当に楽しんでいただいたようです。

画像37

画像38

画像39

・他にも恵那市は観光資源がたくさんあります(是非チェックして!)

4.車中泊体験会場+恵那市のイベント+恵那市の観光=地方創生という方程式

・ご参加いただいた方々は車中泊を軸に、チェックイン前後を独自に観光

 スケジュールを立てておられました。

・恵那市全体をひとつのテーマパーとしてとらえたかたちでの楽しみ方を

 満喫されていました。

・そのためには宿がなくても泊まれる車中泊、そして、宿と併用して楽しむ

 車中泊。是非、皆様、モビリティをもっと活用して旅を楽しんで

 ください。

・また、今回お世話になった皆様、本当にありがとございました。

 引き続きどうぞ、よろしくお願いします。

画像40

・恵那市は2021年WRC(ラリー世界選手権)を同市で開催を目指しています。是非、日常でも、また、WRCの時にも遊びに来てください(2021年WRC開催は11月11日~14日開催予定)。笑顔で皆さんをお待ちしております。

画像41

CarLife Japan 野瀬勇一郎


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kurunabi
野瀬勇一郎 Nose Yuichiro 所属:「CarLife Japan代表Vanshelter共同代表」兼「Carstay SalesManager(営業最高責任者)」車と旅をしよう!都心と地方を車でつなぐ!モビリティを活用した新ライフスタイルを提案。よろしくお願いします。