AV人権倫理機構へ「作品販売等停止依頼」をしました。

 2018年の11月、以下サイト内にある「作品販売等停止申請」を通して、私が過去に出演したアダルトビデオ作品の販売停止の申し入れをしたことにより、2018年12月下旬までに当時専属契約をしていたSOFT ON DEMANDとDogmaの販売ページ、総合アダルトサイトFANZA(旧DMM.R18)から作品が取り下げられ、一般販売および配信が終了しました。
※私の出演したDVDはすでに多くが廃盤となっていますので、今回の申請は「配信での販売を取り下げてもらう」のが目的です。

 AV人権倫理機構というと、「出演強要問題」などトラブルの件が先に思い浮かぶと思いますが、私の場合はそれと全く関係のない理由です。

 では、なぜこのタイミングで販売停止申請をしたか。

 作品販売等停止申請をするにはまず、「作品販売等停止申請書」に必要事項を記入しなければいけません。
 ここに、「販売等停止を希望する理由」というチェック項目があります。

画像1

 私の販売停止申請の主な理由は赤線の部分、「販売等の期間が長期に渡るため」です。SOFT ON DEMANDから出たデビュー作は1998年9月の発売、Dogmaから出た事実上の引退作が2008年1月の発売なので、最低でも約10年、一番古いものは20年以上経過していることになります。

 現役時代にリリースされたのはVHS、DVD合わせて50数本。DVDなどは廃盤となっているものの、在庫管理のいらない動画配信ページで作品が販売され、月額動画などにも作品が転用されています。

 20年前の出演作が有料配信されたり二次使用され続けている件を今までは黙認していました。「しかし一体いつまで販売され続けるんだろうか」とぼんやり疑問がわいたのは、結婚&出産後、物書きとしてのお仕事をする中で、森下くるみとしての活動が丸20年になろうというときでした。

 たいした利益のない旧商品でも、放っておけば「超懐かしのあの女優!」みたいな感じで5年後でも10年後でもだらだら残り、定期的にやってくる「懐かし商売」のネタにされてしまうのです。40歳手前の私がごく一部の男性の頭の中で未だロリやうぶやマグロやセルビデオ初の専属や永遠の素人など18歳のイメージでいるのも気色悪い。

 モヤモヤしていた矢先、とあるお仕事で二村ヒトシ監督と偶然お会いし、
「引退して10年経ったんですけど、区切りをつける意味でそろそろ私の過去作をサイトから引き下げてもらいたいと思ってるんですよ」
 とこぼしたところ、
「うん、じゃあ、それはまずDogmaの三上(元マネージャー)に相談するのが早いよね。AV人権倫理機構を経由して申請を出すのでもいいと思うけど」
 素早く簡潔な助言に加え、「まぁそうだよなぁ、忘れられる権利というものはあっていいんだよ」と言葉をもらったことで、ようやく「過去作の棚卸し」への心づもりができたのでした。

 「出演強要問題」以降、AV業界にも規則やシステムがどんどん介入するようになりましたが、私のデビューした1998年はそれがなく、契約に関しての書面など存在していたのかどうかわかりません。
 20年前とはいえ業界内もそれなりに広いので、事務所とメーカー(制作会社)とは契約書が交わされていたのでしょうが、わたしの場合は専属女優なので、撮影前に監督と綿密な打ち合わせをすることがあっても、「出演作ごとに承諾書に名前を書く」といった機会はありませんでした。

 撮影した映像素材の権利はメーカーが持ち(制作費を出しているので当たり前ですが)、出演料が支払われた以上はロイヤリティ契約もなく、二次使用料の支払い権利もなし、女優が引退した後の作品の取り扱いについては曖昧のまま――当時の業界の仕組みを考えるとまったく仕方がないことですが、「この業界はそういうもんだよ」のひと言で済まされ、通例に従わざるを得ない、それが現実でした。
 だから、VHSやDVDがどれだけ売れて何十億の利益がどうこう言われても、「そうですかー」です。”儲ける”のは版権を持つ人で、女優はただの出演者に過ぎず、何の権限もありません。
 
 それが数年前に湧き起こった強要問題をきっかけにAV人権倫理機構が発足し、窓口の通った正式な申し出をメーカー側が承諾すれば、販売サイトにパケ写が掲載されっぱなしの過去作は速やかに取り下げられるようになりました。
 ちなみに平成30年12月31日までの総申請数は158件、手続終了は119件 ↓ 今後も着々と増えていくはずです。

画像2

 私は今回の件で、「過去を消したい」などとは微塵も思っていません。よく考えて欲しい。どんな過去であれ、消したいと思ったところで簡単に消えるものではないです。「(販売停止申請をして)人の目に触れないようにしたい」ならわかりますが。「忘れられたい」というやや感傷的な言葉も同じで、とにかく、過去を消すのは無理です。魔法も使えないし奇跡も起きない。
 ただ、やはり区切りをつけなければいけない、今後の人生のために、というわけで、「10年以上前に出演したアダルト作品を販売サイトから取り下げてください」と意思表示し、しかるべき対処をしたのち実行されました。というだけの(?)話です。

 理由を明確にして書類を揃えて申請すればできるので、現役で活躍している女優さんには必要ないけれど、引退してずいぶん経っている方は検討してみてもいいのではないでしょうか。ちなみに販売停止=動画・画像がネットの検索にかからなくなるわけではありません。
 違法アップロードサイトやサイト管理者への対処は著作権を持つ版元や監督らが率先して行うべきです。現役または引退して久しい女優に負担を押し付けないで欲しい。
 販売停止申請の件は、「発売から5年以上経てば販売停止を申し入れる権利がある」ではなく、出演時の契約に盛り込んだらどうでしょう。5年後にいちいち作品名を調べて申請するのはどの人にとっても面倒ではありませんか。もちろん、販売停止したくない人はしなくて結構。二次使用料などを受け取ればいいのです。

<ちょっとだけ追加>2020.3.8

 国際女性デーだそうで、販売停止申請についてその後の動きを。

 去年は蒼井そらさんや大塚咲さんが販売停止についての発表をしましたね。
蒼井さんについての記事>https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904190000169.html
(同じようなことをおっしゃっている……)
大塚さんについての記事>
https://www.huffingtonpost.jp/entry/saki_jp_5d0c8f28e4b07ae90d9b1def

 これにより、FANZAサイト上にはお二人のAV作品(映画作品やデジタル写真集などは残っている)はオムニバス作品に至るまで全撤去されています。検索の枠に名前を打ち込んでみても出てきません。これが正当な対応だと思う。
 ところが私の名前はまだ検索に引っかかるようになっているし、一部停止されていない作品もあるんですよね。引き続き、総集編などを含む全てのアダルト作品の販売停止を求めます(こういうのは各メーカーの判断らしいけれど)。
 また何か思うことがあれば追記します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Kurumi Morishita

ありがとうございます。メッセージを添えられている場合には必ずお返事致しますが、メッセージのない場合は差支えあるかと思うので返信は控えます。ご了承下さいね。

(^^)/また書きますね!
359
黒ホッピーと揚げ物が好き/物書き/『すべては「裸になる」から始まって』(kindle販売終了)『らふ』『虫食いの家』『36 書く女×撮る男』季刊誌『東京荒野』で連載中。連絡は kurumi666*hotmail.com(→ *を@にしてください)