見出し画像

大学受験から逃げたら、台湾に辿り着いた話

こんにちは、Renです。

僕は一昨年大学受験を受けました。前期では広島大学、後期では熊本大学を受験しましたが、結果はどちらも不合格。センターは八割ほど取れていたのですが、二次試験でやられましたね(笑)

僕自身一度大学受験を体験してみて感じたのは、受ける大学のレベルが上がれば上がるほど「運」が絡んでくるなということです。小論文のテーマとの相性だったり、得意な分野が出なかったり。この運の要素を限りなく無くしていく作業が受験勉強なのだと思いました。

落ちてから暫くの間、浪人するかどうか迷いました。ただ、僕自身もう一年勉強して成績が上がる気もあまりしませんでしたし、人生の分岐を運で左右されるのも微妙だなと思っていました。

そんな時に、父から知り合いの息子さんが台湾に留学するという話を聞きました。すぐ父にその子に会える場を用意してもらい、会って話を聞きました。

元々海外留学には興味があって、カナダやオーストラリアなど英語圏の国への留学を考えていましたが、台湾という選択肢は、まさに寝耳に水でした。学費も安く、政府が教育にかなり力を入れているので、学習環境も整っていて良いなあと思いました。

話を聞いてから、即決でしたね。すぐに親に中国語の予備校に行かせてくださいとお願いして、約一年間中国語を学んだ後、今通っている台湾の東海大学に辿り着きました。急な留学を許してくれた親に感謝ですね。

浪人することになった友達からは、受験から逃やがって、楽な方を選びやがってと何度も揶揄われました。

逃げることってそんなにダメなことなんでしょうか。

理由は分かりませんが、日本人は「逃げる」ことに対しての抵抗感が強いように感じます。

確かに、僕の台湾留学は、受験勉強からの逃げだったのかもしれません。しかし、正直台湾に留学したことは決して楽な道ではなかったです、チャレンジだとすら思いました。

逃げたことを卑下にしないでそれをプラスにしてこそ、逃げた甲斐があるというものです。生きるための逃げなら有りです、有り有りです。
              by銀の匙 校長

人生の教訓にしている言葉です。僕の逃げる基準になっています。

僕にとって逃げた先で得た経験、人との出会い、これらは決して否定出来るものではないです。今人生で一番勉強している自負がありますし、考え方の幅がかなり広がりました。世界は広いです、今までの常識だと思っていたモノがぶっ壊れます。本当にいい経験をさせてもらっていると強く感じます。

人生生きてりゃ「逃げ」も必要です。時には思いっきり逃げてみてください。きっと新しい発見があります。それを自分の成長に繋げられたなら、それはもはや「逃げ」ではありません。

生きるための逃げは有り有りです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります、ありがとうございます!
30
東海大学(台湾)企業管理学部1年  🇯🇵2000〜19→🇹🇼2019〜→?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。