婚活を支えた技術

婚活を支えた技術

https://konkatsublog.jp/ にて、どういった人に刺さるか、本の内容などを、より詳細に紹介しています。

エンジニアという肩書の30歳、男性会社員が、仕事で獲得したスキルを婚活に適用し、 計画、実行、結果を知見としてまとめた婚活本という名のプロジェクト報告書になります。

結婚相談所で活動する前に何を考え、どのように活動し、出会った61人がどうであったか、 妻は、他の出会った方々とどう違ったのか、婚活のふりかえりなど様々な知見が、 120ページにわたり詰め込まれています。

このような書籍の形になる前に友人や知り合いを集め、100枚以上のスライドを作成し、 鍋をつつきながら3時間半ほどプレゼンをしてみたところ、 巷の情報ではなく、当事者としての視点で、婚活の生々しさや消耗していく臨場感をうまく伝えられたらしく大盛況に終わりました。 その場に参加していた友人のエンジニア2人人が、私と同じ結婚相談所に登録し、結婚までいきつくという実績まで解除し、 2人とも私の知見の詰まったプレゼンやコンサルが活動していくなかで非常に役立ったと言ってくれたことで、 それだけ言ってもらえるような内容なのであれば、もっと多くの方に知ってもらってもよいのではないかと考えました。

半年間の結婚相談所での活動の中で、61人の相手と会い、 結婚相談所の担当者からは活動期間中に会っている数としては他の追随を許さないほど「ぶっちぎりで一番」だと言われました。 「結婚した」だけを切り取られて「おめでとう」という一言で片付けられるには、61人との出会いは濃すぎました。 「半年で61人に会う」を実現するためには戦略が必要になってきます。 「おめでとう」という言葉は欲しくなく、 私がどのような戦略を考え、どう行動していったのかに目を向けてもらいたかったというのが、 友人や知り合いに向け自身の婚活をプレゼンテーションしたモチベーションの源泉となっています。

私は、婚活をしたのではなく、1つのプロジェクトを達成したと考えています。 インフラエンジニアという肩書で会社員をやってきたなかで、いくつものプロジェクトを経験してきました。 プロジェクトでは、何を目的とし、ゴールをどこに置き、そのために何を積み上げる必要があるのか、誰が対応するのかをはっきりさせ取り組んでいるはずです。 がむしゃらに目の前にあることをこなしていくだけでは、しだいに疲弊していくということは、皆さんも経験から身に染みているのではないかと思います。

私のまわりでも「エンジニアの婚活がうまくいっていない」という話をよく耳にします。 私の耳にも入るということは、 いたるところで起きている状況なのではないかと思っています。

エンジニアという肩書で会社員をやっている30歳男性が、 婚活というプロジェクトにどう立ち向かったのか共有することで、 本気で結婚を意識したあなたに、エンジニアの友人2人のように、 結婚、その先の未来を掴み取っていただけたらと思い、書籍として公開しました。

この続きをみるには

この続き: 63文字

婚活を支えた技術

kuromame_krmm

3,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
インフラエンジニアが、自身の結婚相談所での活動の知見を本にまとめました。 https://konkatsublog.jp にて、どういった人に刺さるか、本の内容、購入先などを紹介しています。