見出し画像

ポジショナルプレー実践

 今日は、ポジショナルプレーに基づくプレーパターンを5つ紹介します。

 このプレーパターンとは、いわゆる数学の公式のようなものです。

 もちろん、このパターンを機械的にこなしているだけではサッカーは上手くなりません。

 しかし、公式を知らなければ、ポジショナルプレーという複雑な概念を理解し、プレーするようにはできません。

 なので、公式を知り、使いながらポジショナルプレーを理解していくことが大切だと考えます。

①CFを引きつけるドリブル

 まずはじめに、CBがCFをドリブルで引きつけるプレーを紹介します。

画像1

 これは、自分の相方に時間とスペースを与えるために行うプレーです。

 2対1の数的優位を1対0のフリーの状況に変えることができます。

 もし、相手CFを引きつけずにパスをすれば、相方のCBは相手のCFからプレスを受けることになります。

 これは、この状況に限ったことでなく、引きつけてパスをするという原則に基づいたプレーパターンになります。

②ハーフスペースに立つ

 主にSHやIHなどがボックス内への縦パスを引き出す時のポジショニングです。

画像3

 青い四角で囲んだスペースがハーフスペースになります。

 厳密に定義するなら、相手のDF、MFのライン間の、ハーフレーン上のスペースです。

 ビルドアップの目的の一つに、相手のMFのラインを通過することが挙げられます。

 サイドから通過しても、相手の守備ブロックの中に入れていないため、視野が一定で組織を崩すことができません。

 また、中央はDF、MFのラインだけでなくFWも守っているレーンになるので進入が難しいです。

 そのため、このハーフスペースに立ち、ボールを引き出すことが大切です。

 つまり、ここに立つことで位置的優位を得ることができます。

 この時、この四角の中でフリーになれているか、体の向きは斜めになっているかが大切です。

③チャンネルラン

 これは、主に崩しの局面で行うプレーです。

画像2

 味方のWG、SHがボールを受け、SBを引き出すことができた時、大きく開いたSBとCB間を抜けていくプレーです。

 これにより、ボールホルダーにカットインと裏へのパスという選択肢を与えることができます。

 また、自分がチャンネルランをした時に相手のどの選手が対応してきたかによって使えるスペースが生まれます。

 CBが付いてきたらCFへのパスコースが空き、ボランチが付いてきたら中盤が、SBが戻って対応したらボールホルダーはフリーになります。

 つまり、ポジショナルプレーの「相手を動かす」という原則に沿ったものになります。

 また、この動きを利用したプレーパターンが3on lineというプレーです。

④3on line

 これは、フットサルで多用されるプレーです。

 チャンネルランを引き金として、チャンネルを目指すプレーです。


画像4

 チャンネルランの結果、相手SBがパスコースを消すように対応してきた時、中央の選手が空いたスペースに新たな受け手として現れ、角度を変えてチャンネルへのパスを目指します。

 中央へのパスによって守備者は体の向きを変える必要があり、チャンネルランをする選手から目を逸らさないといけなくなります。

⑤ダイレクトクロス

 クロスを上げる選手の技術に左右されますが、できれば深さを変えるパスをした後、ダイレクトでクロスを上げることが望ましいです。

画像5

 目的は、相手にラインを動かさせ、それによってできた背後のスペースに素早くクロスを上げることでフリーでシュートできる状況を作ることです。

 深さを変えるパスをすることで、DFはラインを下げるか、上げる必要に迫られます。そうでなくても体の向きや視野を変えざるを得ません。

 このように、相手を動かすことで背後に守れないスペースを生み出します。

 そして、それを最大限生かすためにもできるだけ早いタイミングでクロスを入れます。


 今日は以上になります。最後までありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。