見出し画像

青空子ども会議

本日は、麻生区地域教育会議さんが主催の麻生区区制40周年記念『青空子ども会議」が行われました。
区内の小学生、中学生、高校生が黒川野外活動センターで、
ドラム缶ピザを焼き、皆で麻生の自然とSDGsについて青空の下で考える、「子ども会議」ということです。

初めて顔を合わせた、小学生から高校生までの幅広い年齢でのグループです。アイスブレークでみなさんから笑顔がこぼれたところで、ピザ作りの始まりです。ピザ作りは班の全員が生地づくり、トッピング、火起こしそれぞれの役割をしなければ美味しいピザができません。

火起こし係は職員からの説明をよく聞いています
上手に火が起きました
スペシャルトッピングの照り焼きピザもおいしそうです

雨の中、寒さに指先がかじかむ子もいましたが、美味しいピザを作ることもでき、チーム力も上がったようです。

お腹がいっぱいになったら、今度はセンターが取り組むSDGsについても参加者の皆さんに知っていただきました。

センターでの取り組みについてスライドを紹介

その後、参加者の皆さんが麻生区の自然について、未来についての考えをまとめ、班ごとに発表してくれました。

現状・課題・解決・まとめ、がされていました
ポスターのイラストを作成された松浦海斗さん(写真左)も会議にいらしていました。

最後に、焼き立ての石焼き芋をお土産に持って、みなさん帰っていきました。
あいにく一日中雨が降り続いたため、青空の下が叶いませんでしたが、ブルーシートタープの青い天井の下で、みなさんの活動が豊かなものであったことと思います。(梅田)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!