見出し画像

タイヤ交換

センターの2輪車(通称j:ネコ)のタイヤが壊れてしまったので交換しました。

その前に、なぜ、一輪車の様な手押しの道具をネコと呼ぶのか調べてみたら、「逆さに伏せるとその姿が丸まったネコの背中に似ていることからネコと呼ばれる説や、猫が通るような狭い場所を通ることができることからネコと呼ばれる説」などがあるようです。

ノーパンクタイヤを履いていたので、パンクはしなくて助かったのですが、タイヤを止める軸の部分が壊れてしまい、交換する事になってしまいました。

新しいタイヤを購入して、タイヤ交換を行います。

そのため、今回は普通のタイヤに戻すことにしました。
普通のタイヤは空気が入っているためその部分がクッションになるので、直接軸が壊れる事はないはずです。値段も安いので助かります。

ノーパンクタイヤなので、パンクはしないのですが、軸の部分が壊れてしましました。
タイヤを外して、新しいタイヤに交換します。
ボルトを溜めれば完成です。
タイヤに空気をぱんぱんに注入しました。

軸がズレていたので、荷物を載せると重くて、グラグラしていたネコでしたが、新品のタイヤが着いたので、とても快適になりました。
これからのシーズン、薪ストーブの薪を運んだり、ネコを沢山活用するシーズンなので、シーズン前に修理が出来て一安心です。(野口)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!