見出し画像

人気ニュースアプリを断捨離したら人生が好転し始めた話

ヤッチです。

1年くらい前になりますが、私はスマホやタブレットに入れていた人気ニュースアプリ、またはその類を最小限にすべくほとんどを削除しました。

結果、情報収集にかける時間は減り、ブログを書いたり、趣味であるLinux、プログラミングの時間を増やすことができたと感じています。

やったこと、なぜそんなことをしたか、やる前とやった後とでどんな変化があったか、そのあたりをお話したいと思います。

何をしたのか

削除したものは以下です。
・スマートニュース
・NewPicks
・日経新聞(定期購読)
・日経ビジネス(定期購読)

ちなみに今は以下で情報収集をしています。
・Google(Androidスマホでホーム画面を右にスワイプすると出てくるアレ)
Tech News(IT系のニュースサイトまとめ)
Linux News(Linux系のニュースサイトまとめ)

なんでこんなことをやったのか

なぜこんなことをやったかというと、自分が、
 毎日ニュースアプリ読んで、頭が疲れてきた
 でも自分の生活・人生への影響はほぼナシ
と感じ始めた
からです。

それもそのはず。
新聞や日経ビジネスのようなビジネス誌は特にそうだと思うのですが、
「欧州の何たら評議会のXXX議長がこう発言している」
「アメリカの失業率がXX%で、先月より上向いている」
「この会社は規模が小さいが、イノベーションをしている」
なんてこと話されても、自分にはほぼ全く関係のないこと。

自分の仕事や生活に関係のない、興味もわかないことをインプットし、どこかで活かそうとして覚えようとすることは、学校で興味ない科目を勉強するのと同じくらいつらいものです。

だっていつ役に立つかわからないのですから。

ここから少し自分のエピソードをお話します。

20年くらい前、ヤッチは新卒で一部上場の企業に入社しました。
先輩や上司からは
 「日経新聞と日経ビジネスは必読だぞ」
 「世の中で何が起こっているかを把握しろ」
 「そして仕事への活かし方を考え実行しろ」
 「そうすることで成果が出やすくなるし、認められやすくもなる」
こんなことを言われたものでした。

10年くらい前まではそれで良かったのでしょう。
なぜなら今ほどSNSやスマホアプリが進化しておらず、人は能動的に情報を取りに行くしかなかったのですから。

事実、ヤッチが主任に昇格したときは、前記ビジネス誌のネタが意識形成に大いに役立ちました。

ですが、今はその頃と変わってきたなと感じています。

何が変わったか。

以前は世の中のことを知るために、情報を取りに行く必要がありました。

 ビジネス誌を読む
 ニュースサイトをお気に入りに入れておいて定期的にチェックする

今は取りに行かなくてもスマホからどんどん情報が流れ込んできます。
 ニュースアプリからの大量のプッシュ通知
 フォローしているSNSからも大量の通知
 Youtubeやニュース記事を見ると「これもおすすめですよ」と表示される

これらすべてをまともに相手にしていたのでは、脳のキャパシティをオーバーしてしまい、慢性的に頭が疲れている状態になってしまいます。
 ヤッチは頭が疲れてしまい仕事のパフォーマンスにも影響が出ました。
 みなさんもそういった経験ありませんか?

かと言って、これらの情報が自分の生活、ひいては人生にいい影響を与えてくれるのかと言うと、そうなる確率の方が低いでしょう。

なぜなら、これら入ってくる情報は自分がほしい・興味のあるものではないため、自分が「こうだったらいいな」「将来はこうありたいな」と考える・考えるであろう事象とは交わらない可能性の方が高いからです。

ですが、ヤッチは新人のときに言われた言葉が頭に残っていたため、
「これら情報を自分なりにまとめ、行動を変えていくことで成長できる」
と考えてしまっていました。

平たく言うと、先輩・上司から言われたことを鵜呑みにしていたんですね。
これをやれば、成長・昇格できるし、給料も増えて幸せになれるはず、と。

ただ、今は年功序列の慣習がなくなりつつあって給料は右肩上がりではなくなってきていますね。
 実際自分がいた会社も給料頭打ちに。

そんなこともあって、
 「こんなに情報を大量にインプットして自分は何がしたいんだ?」
と考えるようになりました。

そこで
 「どんな自分でありたいか」
 「どんな生活をしたいか」
といったことを考えた結果、
 「これらの情報は大して重要でないな」
という結論に至りました。

ニュース媒体を選別・整理した

代わりに以下の基準でニュース媒体を選別しました。
 ・自分の趣味に関係す分野のニュースを取りたい
 ・↑とは別で日頃の出来事を浅く広く知っておきたい
選別した結果が文頭に挙げた3つのアプリです。

これだけ見ると世の中の情勢はGoogleアプリでしか取っていないので、
 「本当に知らないとまずいニュースを見逃してしまうのでは?
という懸念を示す方もいると思います。

ですが、これもほぼ問題ありません。
なぜなら、重大なニュースはGoogleアプリもしくは知人から知らされる確率が高いからです。
 最近だと安倍首相から菅首相になった、とか

事実、この生活を半年続けていますが、特に困ったことはないです。
頭も以前よりスッキリしていますし、ブログ執筆やLinux、プログラミングなど趣味の時間を作り出すことができ、メリットを感じています。

終わりに

いかがでしたか。
もしこれをお読みの方で、似たような悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、一度スマホアプリを整理してみるのもいいと思います。

なんとなく入れているけど、大して自分にプラスにならないものは思い切って消してみるのも手ですよ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
6
外資系メーカーでソフトエンジニアとして働いています。 LinuxやRaspberry Piが好きです。 欧州赴任経験があり、英語は割と得意です。 妻は香港人です。 株式投資も割と好きで、今は年100万円くらいの利益です。300万円を目指しています。