【陰陽道 九字護身法 破邪の法】


陰陽道 九字護身法 破邪の法とは
日本オリジナルの秘法で、
聖なる言葉を唱えながら、
2本指の手刀で空中に
縦4本横5本で格子を描き、
体をプロテクトする結界です。


これは、
陰陽師界のスーパースター
蘆屋道満様が得意とする秘術。


憑依体質でお悩みの方々、
結界にご興味がある方々、
霊力アップしたい方々へ、
黒田美鏡式の手順をお届けします。


【手順】

合掌した状態で精神統一をします。



精神統一をしながら
芦屋道満様をイメージしましょう。

芦屋道満様のイメージが難しい場合は、
変わりに仏様をイメージしましょう。



合掌とイメージ終了後、
利き手の人差し指と中指の2本を
伸ばた状態にし、
薬指と小指は曲げて親指で
軽く押さえ、
刀のような形を作ります。
(ピースサインの指をくっつけた形)



画像のような順番で、
言葉を声に出しながら、
格子を描いていきます。


九字


青龍(せいりゅう)

白虎(びゃっこ)

朱雀(すざく)

玄武(げんぶ)

勾陳(こうちん)

帝台(ていたい)

文王(ぶんおう)

三台(さんたい)

玉女(ぎょくにょ)



刀の形をした2本の指を
格子の中心に刺して
結界が完成します!



画像のような格子を
複数分裂させるようにイメージし、
自身の体の四方八方へ配置していきます。

1本1本が刃となった
格子状のバリアが
自身の体を包みこむのです。



終了時に再び合掌し、
芦屋道満様、もしくは仏様へ、
感謝の気持ちを伝えましょう。


画像のマークは
九字格子と呼ばれ、
芦屋道満様のシンボルマークです。


陰陽道の力を
あなどるなかれ!


続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
霊能者が恐れて断念するような強力な霊の除霊や悪魔祓いを得意とする、超攻撃型陰陽師系霊媒師。通称、神仏使。 →ameblo.jp/kurodabikyo/  →instagram.com/kurodabikyo/  →https://www.shinbutsushi.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。