シルクロードS 3ステップ考察(予想から回顧まで)
見出し画像

シルクロードS 3ステップ考察(予想から回顧まで)

(別館)配合パズル工房

 この投稿はシルクロードSを考察した記事です。有力馬考察・馬券予想・レース回顧の3ステップにわけて更新していきます。
 

※その他の重賞については、InstagramおよびFans’に投稿予定です
https://www.instagram.com/kurigasila_keiba(考察)
https://www.fansnet.jp/kurigasila-kaz(回顧)


1:有力馬考察

★カレンモエ

 「ストームキャット≒フレンチデピュティ」、「ストームキャット≒マルゼンスキー」という二つのニアリークロスで、ストームキャットのスピードを強力に引き出す構成。 速い流れへの対応力が高く、経験を重ねるにつれて着実に力を付けてきました。
 2代母の父・トニービンの影響で体質が緩く、真のスプリンターとしては屈強さがあと一歩足りません。成長とともに肉体が完成すれば、それも解消されると見ていますが、今年で6歳。トニービンの成長曲線を考えると、もうピークを迎えて良い時期でしょう。そろそろ一皮向けた走りを見せてくれるのではないかという期待はあります。ただそもそもトニービンの緩さが馬自身の個性として表現されている可能性も否定できず、本質的に詰めの甘いタイプなのかもしれません。


★メイケイエール

 集団の先頭に立ちさえすればリラックスして走れますが、そうでないと前の馬に乗りかかってでも突き進もうとする暴走機関車。そのわりにはスタートが悪く、二の脚も遅いため、必ず暴走フラグを立てた状態からレースが始まるのが厄介です(笑) 今回も生粋の逃げ馬・ビアンフェがいますし、ハナを取ることは難しいでしょう。他馬に迷惑をかけるかどうかはさておき、自身がリラックスした状態になるのは不可能かと思われます。
 「オフショアブーム≒フレンチデピュティ」4×4、「アルザオ≒シャリーフダンサー」4×4を内包。非常に跳びが大きく、軽やかな走りをします。本質的にはスプリンターではないでしょう。
 僕の個人的な願望としては、一度2000~2400mあたりで走りを見てみたいです。スピードの絶対値が低い中距離馬との勝負なら、スタートと二の脚の遅さは多少カバーできますし、ハナを取るまでの自爆要素を最小限にとどめたレースができるはず。純粋な距離に対するスタミナがもつかはわかりませんが、リラックスして走れる区間の長さというメリットを考えれば、チャレンジする価値はあると思うんですけどね。


2:馬券予想


◎タイセイアベニール

 外を回して追い込む乱暴な競馬になるため、どうしても取りこぼしやすいタイプ。ただ近2走は好勝負にまで持ち込んでおり、状態は良さそうです。掲示板を外した3走、4走前も、ロスが大きかったり不利を受けたりなど敗因が明確。それで0秒6差なので内容は悪くなりません。
 父がダンジグ系、母父がブライアンズタイムというパワー型の構成。フットワークそのものは大きく、持続力があるため、中京特有のパワーベースの決め手勝負になれば、大駆けも期待できそうです。あとはメイケイエールの出方次第でしょうか(苦笑)


3:レース回顧


 注目のメイケイエールはまさかの(?)好スタート。そのままハナを取りそうな勢いでしたが、池添騎手がグッと我慢させて、ビアンフェに行かせるかたちになりました。ペース自体はほどほどのミドルという感じですが、消耗度の大きい馬場のため、先行した馬には苦しい流れ。外から差し馬が押し寄せてくるなか、唯一先行して踏ん張ったのがメイケイエール。やはり素質はずば抜けていますね。


メイケイエール

 大飛びのフットワークだけに、コーナー角のきつい中京のインコースを回すのは大変だったはずです。展開に恵まれてのものではないだけに、着差以上の完勝と言っていいでしょう。今回も道中で口を割る場面があり、折り合い面をクリアしたわけではありません。しかしこれまでの暴走ぶりと比べたら、遥かに進境が伺える内容でした。


オマケ:血統ワンポイント解説


 『サーアイヴァー』の血をクロスしたミッキーアイル牝駒は、8頭がJRAでデビュー。メイケイエールのほかにも、ララクリースティーヌとアールラプチャーが3勝を挙げるなど、好成績が目立ちます。

 3歳世代がはっきりとした実績を残していないため、ニックスと断定するのは早計でしょう。ただ牝馬向きの切れ味を引き出す仕掛けとして、サーアイヴァーを狙うのはとても理にかなっています。念頭に置いておきたい組み合わせです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
(別館)配合パズル工房
血統の考察記事を投稿しています(文:くりがしら/絵:佐藤かずあき)