見出し画像

いつ会社を「損切り」するべきか?

1. 転職活動中に結果を待たされる場合

1. 面接が最終面接まで進み、すべての採用プロセスが終わったにもかかわらず、返事がこない。人材紹介会社に連絡しても、まだ選考中とのこと。

こんな場合は、即こちらから「損切り」して次の新しい転職先にむけて行動することをお勧めします。

この続きをみるには

この続き: 677文字

いつ会社を「損切り」するべきか?

藏光 幸代

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
キャリアハック編集長 新卒にて財閥系の大手不動産会社勤務後、コーネル大学 都市計画学部へ編入。卒業後、香港の準政府機関を皮切りに、外資での人事のキャリアをスタートさせ、米系、仏系で人事マネージャーを務める。キャリア20年の人事マネージャー。