見出し画像

KURANDのサービスロゴをリニューアルしました

こんにちは。KURANDコミュニティチームの辻本です。

KURANDは8月30日にブランドを全面リニューアルし、新しいロゴへと生まれ変わりました。

画像1

こちらではリニューアルについて詳しく紹介したいと思います。

1、リブランディングのきっかけ

前の記事でも書きましたが、KURANDのサービスの成長に伴い、KURANDが伝えたいメッセージを、お客さまに伝えることができてるのか、という課題が生まれてきました。このnoteをはじめた理由も同じです。

そこで改めてKURANDの思い、世界観を今のタイミングでカタチにしよう、というところからスタートしました。

そして約10ヶ月間。「KURANDブランドミーティング」をチームで行い、KURANDを長年ご利用いただいてるユーザーさまに直接インタビューを行い、KURANDが提供したい価値、世界観をカタチにしました。

2、サービスの整理

まず、KURANDのサービスの整理を行いました。

画像2

KURANDのはじまりは、全国各地にたくさんある小さな酒蔵が造る、まだ表に出てないけど美味しいお酒を伝えたい、酒屋として多くの方にお酒の魅力を伝えていきたい、という思い。

日本のお酒に新しい価値を創る」をミッションに、最初は日本酒の定期購入サービス(通販)からスタートし、全国各地のお酒の造り手と一緒に、新しいコンセプトのお酒を開発して、販売・提供しています。最近はD2C(Direct To Consumer)サービスという言葉がありますが、私たちは数年前から※SPLモデルとして、事業を行っていました。

※SPLとは・・・アパレル業界のSPA(specialty store retailer of private label apparel)の「apparel」を「liquor」に変えたもの。日本の酒類業界で、商品企画、製造、物流、販売までを一気通貫するビジネスモデルが”SPL”となります。

あくまではじまりは酒屋。そのため、お酒を販売することがKURANDの軸となります。そしてKURANDのお酒の飲み比べを楽しめる、体験できる場所として、公式店舗「KURAND SAKE MARKET」があり、他のサービスがある形になります。

3、新しいブランドメッセージ

次に、KURANDが提供したい価値、世界観を言葉にまとめました。新しいブランドメッセージは下記になります。

画像3

これからKURANDは ”すてきなお酒との出会いが次々に。” を新ブランドコンセプトに掲げ、お酒と出会う楽しさを提供する新しい酒屋として、ワクワクするお酒との出会いを提供してまいります。

さらに言葉を広げると、このようになります。

画像4

KURANDが大切にしている価値観(バリュー)も3つまとめました。

画像5

また、今までは日本酒専門店として展開してきましたが、これからは「日本のお酒に新しい価値を創る」のミッションのもと、日本酒を中心に、梅酒、果実酒、焼酎なども取り扱っていきます。

4、ロゴのリニューアル

そして、サービスの整理と、新しいメッセージを込めてロゴを新しくしました。

画像6

あくまでKURANDは酒屋であり、主役はお酒たち。お酒にはそれぞれ個性があります。その個性を大切に、酒蔵と一緒にコンセプトやラベルデザインやネーミングを設計しています。個性的なお酒たちを引き立てるため、メインとなるロゴは主張を控えめにする文字のみのシンプルなロゴにしました。

そして新しいサービス一覧は下記になります。

画像7

これまで多くの方に親しまれてきました、公式飲み比べ店舗「KURAND SAKE MARKET」。今回、親しまれてきたロゴマークの考え方や意思をそのまま引き継ぎ、新しいロゴマークとして生まれ変わりました。

画像8

公式店舗「KURAND SAKE MARKET」のロゴマークは、「お米」のカタチと「蔵人」の文字が合わさってできています。カラフルな色合いには、造り手や農家の「個性」を表しています。

今回のリニューアルでは、ロゴの形状に丸みを帯びさせ、角を丸くしました。これにより、ロゴ全体の雰囲気に膨らみのあるやわらかさを持たせました。よりシンプルになり、洗練されたデザインにしました。

また、それぞれの色に意味合いを持たせることで、KURANDが伝えたいメッセージを反映しました。緑色は「農業」「自然」、赤色は酒造りへの「愛情」「情熱」、黄色はお酒を飲む「楽しさ」、青色はお酒の大部分を占める「水」、橙色は「太陽」「熟した果実」の意味を持っています。

5、クリエイティブへの落とし込み

こうして完成したブランドメッセージとロゴをお客さまに伝えるため、クリエイティブの制作に落とし込みました。先日オープンした公式店舗「KURAND SAKE MARKET 秋葉原店」のロゴも新しくなっています。HP、オンラインストアも新しくなりました。

画像9

画像10

画像11

6、さいごに

画像12

KURANDのサービス開始から数年が経ち、いまでは月に数万人のお客さまにご利用いただけるサービスになりました。

これからKURANDは ”すてきなお酒との出会いが次々に。” を新ブランドコンセプトに掲げ、お酒と出会う楽しさを提供する新しい酒屋として、ワクワクするお酒との出会いを提供してまいります。

オンライン、オフラインのどちらでも好きな方で、新しいお酒との出会いをぜひ体験してみてください。

そして日本酒を中心に、「日本のお酒のブランド」として、世界中に日本のお酒の魅力を伝えていきます。

新しくなったKURANDを、よろしくお願いします。

<KURAND 公式サイト> https://kurand.jp/
<KURAND ブランドページ> https://kurand.jp/about/
<KURAND オンラインストア> https://store.kurand.jp/
<KURAND CLUB> https://store.kurand.jp/pages/kurand-club



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もあなたもお酒好き。ゆっくりとお酒を楽しみましょう。
KURAND公式アカウントです。日本酒を中心に、お酒に関する記事を更新しています。すてきなお酒との出会いが、次々に。全国の小さな酒蔵がつくった、ここでしか味わえない、個性的なお酒がいっぱい。KURANDなら、お酒選びはこんなに楽しい。