見出し画像

「甘酒」を飲みやすくするアレンジレシピまとめ

こんにちは、KURANDの縞張(しまちゃん)です。

最近はコンビニでも売ってる「甘酒」。
 
甘酒には疲労回復効果があり、美容にも良く、風邪を防ぐ効果も持っています。そのため、甘酒は、冬でも夏でも、季節も変わらず飲んでいただきたい飲み物なんです。

でも、甘酒の独特の香りが苦手という方もいるはず。今回の記事では、甘酒を普段飲まない方にもより飲みやすくできるアレンジを紹介したいと思います(画像はイメージです)。

甘酒×ココア

画像1

まず試していただきたいのが、甘酒×ココアの組み合わせ。

甘酒にココアを加えたら、牛乳を少しずつ加え、お好みの濃さで飲んでみてください。ココアに含まれるカカオ・ポリフェノールには、ストレスを和らげてくれる効果があります。また、甘酒含まれるブドウ糖も疲労回復に効果を発揮するため、疲れが溜まった時にオススメの組み合わせです。ほどよい甘さでリラックスできます。

甘酒×豆乳

画像2

次におすすめなのが、甘酒に豆乳を加えて飲む飲み方。大豆イソフラボンによる女性ホルモンへの働きかけと、甘酒に含まれるコウジ酸の美白・美肌効果という、2つの嬉しい効果が期待できます。女性に特におすすめの組み合わせです。

甘酒×レモン

画像7

甘酒とレモンで甘酒レモネード。甘酒レモネードは、甘酒に、レモン汁大さじ2杯を加えたレシピです。さっぱりと飲みやすくなるので、普通の甘酒の味わいに飽きてきた際にもおすすめです。

甘酒×生姜

画像3

冷え込む冬にぜひ飲んでいただきたいのが、このレシピ。コップ1杯の甘酒に、すりおろした生姜を1かけ加えます。たちまち体がポカポカ温まっていきます。

甘酒×ハチミツ

画像4

甘酒にハチミツを大さじ1杯加えます。ハチミツのまろやかな甘みが加わることで、味わいがぐっと変わり、よりホッとする優しい味になります。

甘酒×りんご

画像5

甘酒とりんごで、りんごスムージーに。りんご半分と甘酒をミキサーに入れて混ぜるだけの簡単レシピです。りんごは食物繊維が豊富で、腸内環境を整える効果があります。また、甘酒にも体が冷えてしまったり、胃腸の調子が悪い時などに特に効果を発揮します。

甘酒×バナナ

画像6

甘酒とバナナで、バナナのスムージー。バナナはあらかじめ凍らせておき、すべての材料(バナナ1本、甘酒70ml、豆乳70ml、ハチミツ大さじ1杯)をミキサーに入れて混ぜます。これまで紹介した甘酒に加えるオススメの品々を、バランスよく含んだこのスムージー。バナナは果物の中でも栄養価が高く、手軽な栄養補給に優れているので、このスムージーは朝ごはん代わりにもオススメです。

以上、いかがでしたでしょうか。

甘酒を、さらに美味しく、そして美容や健康への効果を高めるレシピを紹介してきました。ぜひアレンジレシピで、より健康的な毎日を送ってみてくださいね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!これからもKURANDを宜しくお願いします。
10
KURAND公式アカウントです。日本酒を中心に、お酒に関する記事を更新しています。すてきなお酒との出会いが、次々に。全国の小さな酒蔵がつくった、ここでしか味わえない、個性的なお酒がいっぱい。KURANDなら、お酒選びはこんなに楽しい。
コメント (1)
はじめての投稿失礼します。
甘酒✖️玉子✖️チーズ✖️オートミール
✖️粉豆腐をコップに入れて混ぜて、レンジで半熟気味でストップ。
コスパも栄養バランスもよいデザート。
個人的な毎日の楽しみです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。