見出し画像

愛知県西尾市で、「海のある暮らし」を旅してきました。<お宿編>

2020年1月に、愛知県西尾市で「海のある暮らし」を旅してきました。今回はお宿編です!

海のある暮らしへ

画像2

今回訪れたのは、愛知県西尾市。海のある暮らしが体験したくて、ここに決めました。宿泊した宿は、Hazufornia Bay Cottageというところ。今回もAirbnbで予約しました。東京駅からは新幹線と電車を乗り継いで2時間30分くらい。

お宿へチェックイン

画像1

お宿は古民家のような一軒家なのですが、内装はリノベーションされていて、とても清潔感があって素敵です。最初に言いますが、本当にいい宿でした!!自信持ってオススメしたい宿。
この上の写真はリビングの一角を写したもの。オーナーさんのセンス最高ですね...。

画像4

リビングは結構広くて、布団も2つ敷けるくらいの広さがありました。寒かったのもあって滞在中はほとんどリビングで過ごしました。写真は撮りませんでしたが実は2階もあって、ベッドや布団が敷けるスペースもあるので大人数でも泊まれそうです。

画像3

玄関スペース。ドアを開けた瞬間心が躍る...!

画像5

昔ながらの扉もいい味。

画像6

画像9

照明もなかなかツボ! おそらく塗装や装飾をDIYされていると思うのですが、温かみがあっていい感じです。

快適ポイント

画像8

画像7

キッチンの全体写真をうっかり撮影し忘れてしまったのですが...キッチンは広くて可愛くて快適で、とてもとてもとてもw お気に入りでした。

画像18

ちょっとだけ写っていますが、キッチンの窓を開けるとお庭が見えるんです。自然を感じながらお料理をするのは初めての体験で、(この写真で料理しているのは私ではありませんが笑)これまた最高。

画像10

調理器具や調味料が揃っているだけでなく、紅茶やお茶などフリーで頂けるものも多くて助かりました。生活する上で困ることはほぼなかったです。

画像11

お皿もたくさん種類がありました!農村Travelはじめました。の記事でも書いたのですが、地元の食材をなるべくいただくことも旅の目的の一つにしているので、食器や調理器具などが充実しているのは本当に嬉しいポイントです。それから、お風呂や洗面台などは新品のものにリノベーションされていて、それも快適に過ごせた理由の一つ。

画像12

お家の裏側には広ーいお庭があって、家庭菜園のお野菜は食べてもOKとのことでした。どれが食べどきなのか、そしてこれがなんの野菜なのか。知識がなさすぎて観察するだけに留めておきましたが...。
お庭では娘と散歩したり、一人で草花の写真をのんびり撮ったりしてゆっくり過ごせました。

海辺を散歩

画像14

歩いてすぐに海に出れるところが、このお宿の醍醐味。まさに思い描いていた海のある暮らし体験ができました。

画像17

朝起きてすぐに、近所をお散歩。

画像18

歩いてすぐのところに綺麗なビーチがありました。冬だったので結構寒かったですが、空気が綺麗ですごく気持ちよかったです!

画像14

海水は透明でめちゃくちゃ綺麗。川みたいな透明度でした。

画像17

人も全然いなくて、聞こえてくるのは波の音だけ...。
これが日常だとしたら、すごく贅沢ですね。
正直、東京に帰りたくないなあと思ってしまうほど、海がすぐそばある暮らしは心地よいものでした。

今回の旅では少し足を伸ばして周辺観光にも行ってきましたので、それについてもまた次回書いてみたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
□農村トラベラー □カメラガールズ代表 ・・・日本の田舎で「暮らすような旅」をしながら、生き方や暮らし方を模索中。・・・ Instagram:https://www.instagram.com/mizuki_cameragirls/

こちらでもピックアップされています

#旅のレポート
#旅のレポート
  • 5本

農村を旅したレポや撮影した写真などをまとめています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。