見出し画像

SNSでセルフブランディングしようとして失敗した話

note書きたいなと思ってからだいぶ日が経ちました。
当初は役に立つTips的なものを書こうかなーーなんて気取ったこと思ってたんですが、なかなかやる気が起きないのに加えて、色んなnoteとかSNSを見てて思ったんすよね。

この世界はサクセスストーリーで溢れすぎていて疲れる。

と(サクセス書いてる方ごめんなさい)。
 
そして、私はそんなサクセスな人じゃないし、仮にサクセスぶって書いたとしてもうざいしキモいし需要ないしでサクセスどころか黒歴史化して終わるんじゃないのか、と。

うむ、そうに違いない。

むしろ私のリアルはサクセスどころか、常に失敗し続けているので、そっちを議題にしようかと思いました。そう思ったら自然に筆(と言いたいが実際はスマホ)を取れたわけです。

この後にも出てくる話ですが、ウソの自分を作ったり、無理して発信するのはよくない。

とりあえず今日は私の本当にあった無限の失敗談の中からSNS失敗談を書きます。

Instagramでセルフブランディングしてやるぜって意気込んで失敗した話

Instagramやり始めてから結構最近まで、恥ずかしながらフォロワー数めっちゃ気にしてました。
 
どうしたら私って素敵に見えるのかしら

なんて、犬も震えるようなことも考えてました。時には気取った写真家ライクな感じにしてみたり、旅好きなインスタグラマー風にしてみたり。

ええ、はっきり言いますが黒歴史です。

本当の私は、お酒と遊びと仕事が好きな32歳(スペック辛)。おしゃれでもないし、顔も肉じゃがみたいな顔してるので、素敵じゃないんです。カフェとか行かないです、スイーツとか食べないです。パフェよりへしこの方が好きです。オーガニックよりマクドナルドです。

それを隠して無理して書いてたからきっと私を知る人からは「こいつキモ」と思われていたに違いありません。

結果、コメント来なくなりました。

つらいです。

本当の自分とは違った口調で文字を書いて、気取って投稿して、結果コメントないって辛すぎませんか。

そこで一旦Instagramを離れて、毎日は見ないようにしたら、割と冷静になれました。そして考えました。

疑問1.フォロワー集めてどうするんだ?

個人でフォロワー集めてどうするのか。いや、そもそもなんでフォローされたいのか。自分を作ってまでフォローを集めたいのか。
考えてみると、なんとなくフォロワーいた方がいいんじゃないか?とか、他の人の人気感に憧れているだけだったことに気がつきました。

疑問2.そもそもなんでInstagramやってんだ?

そもそも私はなぜ個人でInstagramをやっているのだろうか。考えてみたら、知らない人と会話するとか現実世界でも人見知りするのに、なに知らない人と繋がりたがっているんだろう。
もっと身近な知人と楽しく会話したり、お互いの近況見るのが楽しいんじゃないか、と気づきました。

3000人もフォローしちゃったんで、もう友達の投稿なかなか見つかりません。これは本当に失敗です。無理です。

幸い、よくみる人はトップに出てくる仕組みなので、たまにコメントしたりいいねしたりできてますが...

疑問3.自分の本当の好きは何だ?

最後に、本当に自分が好きなこと。それにSNSやInstagramって必要?ということを考えました。考えた結果、文字を書くのは好きだ。ふざけるのも好きだ。職人さんとかおつまみとかお皿とかは好きだ。遊ぶのも好きだ。デザインも好きだ。写真が上手くなりたいわけじゃないし、上手いわけでもないが純粋に写真撮るのは好きだ。と色々、シンプルに自分が好きなことが分かりました。あ、あと自分が陰キャなので陰キャな人好きw

好きなことを好きなデザイン、好きな写真、好きな文字で投稿して、身近な人(特に陰キャw)と少しでも話せたら、それでいいや。

それが私の最終結論でした。一時はもうアカウント消そうかなとか思ってたんですが、今は楽しんでやってます。スクリーンタイムは前より40%減りました。知らない人の写真見て自分と比べることもなくなりました。

人と比べんのやめよう。

とりあえずそれだけは、本当に、そう思います。結構いると思うんですよね。
とは言え、見れば比べてしまうのはめちゃくちゃ自然なことだと思います世界には本当色んな人いるし!でも、他の人の写真を見て自分と比べても、かえって自分を見失ってしまうだけだと、それで失敗した田中は思います。
情報は情報として受け取ればいい。比べるのは違うよね。もし比べちゃう性格なら、その時間を使ってリアルの世界で楽しいことした方が絶対いい。そんな感じ。(最後適当w)

あ、もちろん、Instagramにはいろいろな可能性はあると思います。ファンだってできるし、新しいビジネスもできるかもしれない。それでもやっぱり、自分は自分のまま、誰とも比べず、SNSはただの一つのツールとして使った方がいいんじゃないかなって思います。

「私のようになるな...」

では、今日は終わりにします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コミュニティづくりの失敗談や、人生の失敗した話など、実体験に基づく失敗した話を書いています。  運営コミュニティ:カメラガールズ(2013年設立)