見出し画像

自立した人になるより、「助けて」が言える人になる

自立した人間になることよりも「助けて」と言える人間になる方が大切なのではないかと最近思う。

世の中は自立を促すようなもので溢れている。女性雑誌を見れば「自立した女はカッコいい」というような価値観で染まり、自立支援、とかとにかく「自立することが一番」であるかのように社会が動いている。

先日「女性だけの街が欲しい」とツイッターで話題になった。こんな発言が出る根本的な原因は「男性への恐怖」だ。
女性が男性恐怖になる原因はいろいろある。やはり何らかの犯罪被害に遭った場合が主な理由だろう。

力の弱い私達女性から見れば男性は恐怖の対象になりやすいかもしれない。
フェミニストと呼ばれる人が総じて気が強いように見えるのは男性への恐怖心の裏返しでもある。
恐怖があるから懸命に威嚇して負けないようにしているのだ。
とは言っても現実は男性は女性よりも強いことは明らかなことで絶対に変わることがない真実だ。

ならば男性を「恐怖の存在」を感じるのではなく「頼りになる存在」と捉え、「男性のみなさん、私たち女性は力も弱く、何かあったら負けてしまいます。ですのでどうか助けてください、力を貸してください」と言える関係である方が良い。

フェミニズムの思想の中に「男性に助けられることが女性の権利」という価値観があったら男女関係は全く違うものになっていたに違いない。
無論助けられたら感謝することも忘れてはいけない。

私は「助けて」と言えない女性を気の毒に感じる。「女性だけの街が欲しい」という表現しかできず、素直に「助けて」と言えないことが哀れである。
特に日本人は助けて、と言えないところがあると感じる。助けてと言ったら迷惑なのではないか、かっこ悪いのではないか、大人げないと思われるのではないか・・etc

助けてと言えていたらいじめで自殺することもなかったかもしれない。ブラック企業にこき使われっぱなしなんてこともなかったかもしれない。
でも最近はネットが発達してより「助けて」と言いやすくなっている気がする。
もっと世の中が「助けて」と言いやすくなったらたくさんの人がもっと生きやすくなっていく気がする。

以前こんなことを教えてもらった。
「例え誰かに助けてもらってもその人に感謝する必要は無い。助けてもらったことを自然に感謝すればいい。だってそれはすべてがくれたことだから。
みんなが助けてくれたからみんなに感謝すればいい。そうすればその思いがみんなに反響して直接助けてくれた人にはより多くの力がかえってくる」

強いひとは誰かを助けて大きな力を得て、弱い人は助けてもらって力を得る。それが本当の繋がり。
だから特に弱い人は「助けて」と言えることは本当に大切。

弱いことは悪くない。恥ずかしいことじゃない。弱いという性質なだけ。弱いことも個性の一種。
弱いなら弱いなりの生き方がある。
助けてほしい時、助けてと言えること。たぶん自立よりもずっと大切だと感じる今日この頃。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしサポートしてくださる方がいらしたらうれしいを通り越して感激していまいます(∩´∀`)∩

おつかれさんです ^^) _旦~~
167
ライター・エッセイスト・コラムニスト、そしてオカルトマニアの電脳魔女です  ( ゚∀゚)ノよろしく

この記事が入っているマガジン

エッセイその2
エッセイその2
  • 242本
コメント (8)
温かいお言葉有り難うございます(^-^)場違いなコメントだったなぁと思いました。ごめんなさい、、
ただ一般の方々に対しては諦めてるというのも辛いのですが、でも諦めているので求めません。問題は専門の相談事業所やあらゆる福祉や行政が全く機能停止に近い状態という事態は本当に残念です…誰かが死なないと解らないのか?とすら感じます、具体的には書きませんがそんな温度差ははマジョリティワールドでは決して伝わりません、当事者はヒリヒリするような孤絶の中でも限界を越えて頑張らないといけません頑張れないギリギリであろうが関係無いのです。私には15歳になる大切な愛猫が居ます。私にとってはかけがえの無い子供です。この大切な命の為にこれからも(頑張るという言葉は手放しで良い言葉とは思いませんが)頑張らないとと思っています。人は助けてなんかくれません、それでも助けてと云ってみる勇気はあったほうがいい、でも個人的には長年の経験から小さいお子様がいるご家庭なら話は別かもしれませんがたとえどんなに辛くても大人は切り捨てられるのが多分、『普通』なのです。私のほうでそれに適応しないといけないのだと思いながらも悲しく残念です
仕事ではっきりと障害者だからと不当な扱いをされても嫌がらせをされても福祉から性的な被害があっても向こうは遥かにウワテだし私なんかよりずっと強力な壁に守られています。どこに訴えても無駄、不当解雇されても揉み消す力のほうが勝っているし数でも敵いません1対複数あるいは行政がらみなどの巨大な力が加わるとその傘下に入って擁護される福祉や様々なただでさえ一般人より遥かに影響力の強い『偉いさん』には残念だけど敵わない、泣き寝入りが長年の望まない習慣になりつつありますが寄り添ってくれる小さいけど大きい命、我が愛猫が居てくれる限り、泣き寝入りだろうがなんだろうが半分目を開けて(半分目をつぶってではなく)生きてゆこうと思っています。それしか無いから…長々書いてしまい すみませんありがとうございました。
翼猫さん
あなたのやるせない気持ち、悔しい気持ちはよくわかりました。

どうぞ吐き出して下さい。私には聞いてあげることしかできないようです。

私は障害をもっている訳ではありませんが、上級国民なんて言葉があるように健常者であっても理不尽な思いをする事は多々あります。

権力をもっている人間に対する怒りはかなりのものですが、私もそういう輩のことは居ないものだと思って生きています。

もともとハンデのある人ならなおさら、理不尽さは並みのものでは無いでしょう。

影ながら応援しています。無理はし過ぎないでくださいね(^.^)
場を濁してしまっていたなら本当に申し訳ありません、温かいお言葉、重ね重ね、感謝しかありません。有り難うございます(^-^)空気を読めてなかったようで他の皆さんにも迷惑をかけてしまったのかなと…以降自重します御免なさい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。