見出し画像

あなたはどっち?『やらなきゃいけないことについて』


今日のテーマ

**やりたいことと、やらなきゃいけないことと**


洗い物って好きですか?

ご飯食べた後の、食器やフライパンやお箸やらのことです。

私、大嫌いです。うちは夫とふたり暮らしなのでそんなに量もないのだけれど、ごめんなさい。←なにかにあやまってる


料理もさほど、得意分野ではないけれど、具材をタンタン切ったりするのは好き。キレイに揃えて切ったものがどんどん増えていくのが気持ちいい。


で、

出来上がった料理を食べる時間なんて、あっという間!
驚くほど早くないですか?

作る時間と食べる時間って、バランス悪すぎない?っていうほど、割合にしたら5:1くらいなんですけど〜


あれ?

うちだけなのかな?

そういえば、よそのうちのこと聞いたことないや・・・


ああ、ご飯できたできた、「いただきま〜す」「いただきま〜す」「ちょっともっとゆっくり食べなよぉ」「・・」「カラダに悪いんだってよ」「・・」「ねえ〜」「・・」「味みてから醤油かけなよぉ」「ん」

ってな感じで、動物的な夫ははぐはぐムシャムシャ一気に食べて、何を言っても耳に届かないようです。。


で、最後の残りわずかのところで一言

「まだ、食べてないの?」


って、満腹になった夫は驚いたような顔を、毎回こちらに向けます。



ん?


そうですね、


面白いです。



ワンチャンみたいね、あはは、ってそういうことが言いたいのじゃなくって、、、

後片付けがキライだ、という話に戻します。


でも、嫌でも毎日やらなくてはいけない事柄なので、私は夫にやってもらっています。お願いしました。作るのと片付けるのとどっちがいい?って聞いたら、すんなり後片付けを選んでくれました。ラッキー!


ひとつクリア。


でも、クリアできないことは、たくさんあります。


そういうときはどうするか?


結論、やりたくないことはやらない


なぜって、やりたくないんだから。
やらなくていいと思いませんか?

やらなくてはいけないと思い込んでいるのはどこの誰?


部屋はキレイにしなくちゃいけない

毎日お風呂に入らなくちゃいけない

食後は歯磨きしなくちゃいけない

お誕生日はお祝いしなくちゃいけない

友だちとの約束は守らなくちゃいけない

気分で動いちゃいけない

たまには本をよんだ方がいい

たまには旅行に行った方がいい

たまには家族サービスをした方がいい

たまには実家に電話でもした方がいい


「しなくちゃいけない」「した方がいい」だらけ!


見ているだけで、疲れちゃいますね。

もっと自由に自分の好きに選択し、行動したいです。


些細なことを列挙しましたが、仕事で迷惑かかるし、上司に怒られるし、自分の評価に影響するし、、、

「遅刻しちゃいけない」なんて社会人として当たり前だ。

やりたいやりたくない以前の生きる上での基本姿勢だ、と思うかもしれません。


が、


もしも、それが嫌なことで「しちゃいけない」になっていたらちょっと待って・・・


だって、想像してください


すご〜くやりたい仕事で、夜うちに帰るのがもったいないくらいで、朝は早く昨日の続きがしたい、打ち合わせを重ねてより良い結果を出したい、成功させたい!

な〜んて仕事だったとしたら。


どうでしょう、

遅刻するどころか、早く行きたくなるかもしれませんね!



オーバーなことではなくて、

あなたの得意分野だけで生きていれば『当たり前のこと』だと思います。

十分に『可能なこと』あなたにもできることです。


オススメは、

生まれ持った得意分野を知って、全身全霊それで生きること。
それだけにしちゃうことです。

とっても早い方法です。


ネイタルチャートでわかる
「ネイタル心理学」

チャートを無料でお渡しします!


そう、昨日から言っているフォームの設定がまだ、、

引っ張っているのではなくて
ただできないだけ。・(>_<)・。

ああ、明日明後日は出張だし、、
ホテルでできるかな、、


そうです、

私のネイタルは「D」
Dream-Hunt

「夢を追いかける」のが得意分野で IT・きっちり細かい作業などはないのでなかなか、そこが進まない。


まあ、得意ではなくてもやりたいことなのでいつかできる^^

やりたいのに、なんでできないか?

ばれちゃいました?


もっとやりたいことがあるから〜


チャオ
















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わたしも好き♡
ライター。ETがもし家に来たらどうする?うまく意思の疎通ができるかな(*´꒳`*)とかね・・・ もう、いい歳になったのでそろそろ自由に昔は隠していた気持ちを、外にだして空っぽにしてみようと試みます。