見出し画像

6)自分の外見のつくり方 ~スタイル・ファッション・メイク~③メイク

こんにちは。
セルフプロデューサーkumiです。

第23回目の本日は、
6)自分の外見のつくり方
~スタイル・ファッション・メイク~
③メイク
についてお話していきます。

私は、子どもを出産したあと、
肌荒れがとてもひどい時期がありました。
当時を振り返ると子育てで自分の食事は偏り、
ストレスも多かったような気がします。
また育休中の1年はあまり人前にも出なかった為
メイクはほとんどしていませんでした。
肌の手入れも怠った結果、
顔にシミができ…肌も乾燥がちになり、
メイクしても、のりが悪かったです。

これは、私が理想とする自分像とは
かけ離れていました。
顔は自分が一番見るパーツであり、
人からも一番見られやすいパーツです。

私は自分の肌と向き合い、
どうやったら肌がきれいになるか考え、
コスメコンシェルジュの勉強をし
資格を取得しました。
これはコスメを選択する際、
役に立っています。

そして、自分にあったメイクも研究し、
理想の自分になれるよう
今も日々奮闘中です。

おかげで、肌荒れがひどかった時期に比べ、
シミも軽減し肌の水分量も蘇っています。
しかし、年齢を重ねると
自分でできるスキンケアも限界がでてきます。
そこで最近、皮膚科に行き、
自分の肌の状態をチェックしてもらいました!

私の場合、肝斑が両頬にできており、
その治療にレーザーを使用し始めました。
まだ2〜3回ですので、実感は薄いです。
個人差はありますが、
シミや肝斑消しのレーザーは
5回くらいから効果が見えるようになると
皮膚科で伺いました。
この結果も、また別の機会に
ご紹介できたらと思います!

コスメやメイクは、
年を重ねると変化していきます。
自分の変化する顔を分析し
理想の自分を保つメイクを考えることも
楽しみの一つになっています。

あなたはあなたの理想に合ったメイクを
しているでしょうか?
男性の方は自身がメイクするということに
抵抗がある方もいるかもしれません。
私個人としては男性も女性も
スキンケアはもちろんメイクも
必要かなと思っています。
メイクと一口にいっても眉毛を整えたり、
髭やうぶげをお手入れすることも
含めて私はメイクだと思っています。
自分にあう基礎化粧品を使うことで
肌が整ってきます。
肌の調子が良いとモチベーションが上がります。
性別関係なく、肌コンディションで
身体の健康状態もわかるため、
自分の健康バロメーターにもなりますし、
身近な人の肌の調子が悪いと
なにかしら気持ちや身体の変化が
あったのかな?と思うようになりました。

現在はマスクで顔の半分しか見えないですが
今こそ肌の状態を改善したり
よりよくするチャンスだと思っています。


今回で、
6)自分の外見の作り方(全3回)は
終了となります。

今一度、鏡の前に立ち、
自分自身をゆっくり観察してみては
いかがでしょうか?

次回からは、
7)ロールモデル
についてお話していきます。

ここまで読んでいただき、
ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます
5
自分を知って、自分を大切にする人を増やしたい。かつて私は自分を大切に思っていませんでした。自分を知る事で自分を大切にし、自分の行動が変わることを実感しました。私の経験「セルフプロデュース」を書くことで自分を大切にする人が増え、自分の周りの人も笑顔になるそんな社会を目指しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。