見出し画像

[開始2日目進捗54%]プロ奢ラレヤーの「Ooogle」アプリがほぼできている話

プログラミングのプのわからないのに、勢いでOoogle開発グループに入ってしまったので議事録係やっています。友達と飲んでたら、追い付けないところまで進んでしまって自分の状況理解を含め、まとめていきたいと思います。

「Ooogle」って?

詳しくは前回の実況記事をご覧ください。


今回のハイライト
・ユーザーの評価指数できる
・デザイナー参加
・12時間でデモ版ができる
・会社辞める人発生
・Ooogle社できる

ユーザーの評価指数できる(2:07,5/29)

前回の記事でまとめきれなかった、ユーザーの評価指数。
顔を見た(奢ってもらった)後 で、低評価つけにくいという課題があって地味に難航してました。

というわけで、★(星)や数字での評価を辞めて、特性を指標をする事に。

できた指標はこちらです。イメージは、ラーメンのトッピング。

この指標を作るにあたって、下記の点に注目しました。
・星は画一的で面白くない
・どっちが良い悪いって雰囲気は無くしたい
・ユーザーのイメージが伝わりやすいものにしたい
・「俺はただ楽しくメシが食いたいだけなんじゃ!」というひとのニーズにも答えたい

ちなみに、プロ奢ラレヤーさんの場合に下記になるらしい。
話す内容
あっさり・・・●こってり

雰囲気
クール●・・・ホット

スタンス
きっちり・・・●ざっくり


初対面(対面してない)で、オンラインで、深夜にも関わらずブレストって成立するんだ…!すごい…!という小並感が強い所感です。


デザイナー参加(0:53,5/29)

指標作成に難航しているときに、プロゲーマーデザイナー参加。

さすが、ゲーマー。


開始4時間フロント側のプロトタイプ完成(1:11,5/29)

タブの入れ替えができるようになってます。


そして再び、よくわからないモード突入。
ついでに作業チームが出来上がる。(1:25,5/29)

開発どんどん進みます。


プロゲーマー、ロゴ完成させる(4:17,5/29)

すごーい!ラーメン!!


開始11時間56分、デモ版ができる(9:07,5/29)

フォロワーが優秀すぎて、朝おきたら「Ooogle」がほぼ完成していた。


「僕今日で会社1つやめます」
「Ooogleを作るために生まれてきた。」(9:11,5/30)

元売れないバンドマン系イケイケエンジニア、キャラが濃すぎるー!


Ooogle社できる(9:58,5/30)

早速、社員 (?)に給与、支給。

波乗りイケイケエンジニアさんは、箕輪編集室の人なんですね〜!
(お互いのことなんも知らない)



メンバー補足(完全に抜け漏れってやつです。ごめんなさい。)

バンコク無双ってなんですかー!


 (続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

23
日本酒が好き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。