Masatoshi Kusakabe

九尾の霊毛

 長年の友人であったさる女性のために書いたものです。  彼女は根っからの時代小説ファンで、カタカナ混じりのファンタジーが大嫌い。それでも、自分の著作を読んでくれ…

100