テンポル・バート

東京銀座でライブハウス経営 『ミュージシャンの知識と経験に裏付けされた、新しいリトミック『テンポル・バート』2021年スタート テンポル・バートは、テンポ・ルバートから♪ https://linktr.ee/temporu.bato

テンポル・バート

東京銀座でライブハウス経営 『ミュージシャンの知識と経験に裏付けされた、新しいリトミック『テンポル・バート』2021年スタート テンポル・バートは、テンポ・ルバートから♪ https://linktr.ee/temporu.bato

    マガジン

    音楽で平和を取り戻す旅

    すべて見る
    • 3本

    今できること、今しかできないこと、自分達しかできないこと

    私は、東京銀座でライブハウスをしている経営者です。  世の中が変化したからこそ、『今できること、今しかできないこと、自分達しかできないこと』を改めて考えて行動を起こすことにしました。 noteはその思いを綴る場所としています。  Campfireにおいてクラファン チャレンジ中です。よろしくお願いします。 はじまった爆発的拡大今このライブハウスを再開しても、感染リスクの不安を抱えての営業となる事は避けられないだろう。 どんなに感染症対策をしても、感染リスクはゼロにはなら

    スキ
    10

    音楽で平和を取り戻す 作品を

    東京銀座でライブハウス「F」経営しています。しかしながら、世界的大規模な感染症のため、ライブハウスは休止。 自分たちにしか出来ないこと考え抜いた結果、オンラインで楽しめる作品を作ることにした。 この作品のストーリーは単純だが、中身にはその時から不思議と自信があった。 なぜなら「F」はプロのミュージシャンメンバーが揃っているにも関わらず、提供しているものは聞き感触の良い音楽やプロの演奏そのものではなく、素人の方々に生演奏や、音楽の楽しみを体感してもらう事を目的としていたから

    スキ
    7

    音育番組を制作する中で感じたこと

    音育番組の撮影が進むにつれ、ダンスや演技などやった事もなく最初は戸惑っていたメンバー達も、この作品に愛着が湧いてきたみたいだ。 以前より楽しんで撮影に臨んでくれるようになった。イメージも湧くようになり、もっとこうしよう!この方がいい!撮り直ししよう!拘りも強くなった。 撮影に携わるひと、みんながより良いものにしたい、沢山の人達に観てもらいたい、そう思うようになっていった。 この作品にはメンバー達の夢と、その想いが込められている。 そうして出来上がった音育番組『テンポル・バ

    スキ
    9