見出し画像

2020年 最高のモバイルバッテリー (随時更新)

Kata (@ktkw) です。

2020年もまだ1月ですが、ここ数年で(今のところ)最高のモバイルバッテリーを見つけました!こちらです!

んー、ちょっとお高いですよね?
わかります、私も今でもそう思ってます。でもそれを超える魅力もあるので、ここからご紹介していきます。

コンパクトな本体

スペック上は「10.6 x 5.2 x 2.5 cm ; 200 g」ですが、ピンとこないですよね。

画像1

iPhone 11と比較するとこのくらいの大きさです。そこそこ厚みがあるので、そこが気になる方はそれなりにいるかな、と思っています。

画像2

10,000mAhの大容量

コンパクトなのに、10,000mAhの容量があるんです!一応メーカー公称値にはなりますが、iPhone XS 2.5回分、Samsung S10 2.1回分の充電容量です。普段の通勤に使うのであれば充分な容量だと思いますし、2-3日の旅行や出張で寝ている間に製品の充電をし損ねたりしても、これがカバンに入っていれば安心ですね。

USB-AとUSB-Cで同時に2台の端末を充電可能

先ほどの写真を見ていただくとお分かりの通り、USB-AとUSB-Cの2端子なのでスマホとタブレットの同時充電なども可能です。また、普段はPD出力ができるUSB-Cをメインで使いながら、出先やトラブルでUSB-Aのケーブルしか手に入らない時にどちらも使えるのが最高です。まだまだ世の中の主流はUSB-Aのケーブルなので…

USB-Cケーブルが1本付属

そしてまだまだUSB-Cケーブルを持っていないという人も多いですよね?USB-C to USB-Cのケーブルが1本付属しています(本音としてはケーブル付属しなくてよいので1,000円安くして欲しい)。

なんと!入出力両方がPD対応!

ここが!一番重要なポイントです!!
このモバイルバッテリーは、入出力どちらにもUSB-CのPD対応しているので、PD対応のスマホやタブレットへの充電が早い(例えば最近のiPhoneだと空っぽから30分で50%程度まで充電可能)だけではなく、PD対応の電源アダプタで充電すれば、10,000mAhあるにもかかわらず3-4時間で充電できてしまうんです!個人的にはここが今回の一番のオススメポイントです。

一緒に使うと便利な電源アダプタとケーブル

上記のPD充電するためにはPD対応の電源アダプタ・充電器が必要になります。最後にセットで使うと便利な電源アダプタとケーブルをご紹介しておきます。

 ↑
普段充電するものが1台だけで、スマホやタブレット、MacBook Airなどであれば純正に比べてかなりコンパクトなのでとってもオススメです。

 ↑
こちらは充電したい機器が2台以上あったり、MacBook Pro 13インチを使う方にオススメです。これも純正60Wアダプタに比べれば十分コンパクトですし、USB-C to Lightningケーブルを使わなければ、1台なら60W、2台なら30Wで自動的に制御してくれます。

 ↑
モバイルバッテリーにもケーブル1本付属してきますが、少し長めのものを持っておくと自宅で使うときやホテルのコンセントの場所が微妙な時にも便利です。

 ↑
ここまでご紹介してきたモバイルバッテリーや電源アダプタでiPhone/iPadを充電する時には、このタイプのケーブルが必要です。

以上、Kata (@ktkw) でした!
もっといいヤツを見つけたら更新しますし、ご存知の方がいましたらぜひ教えてくださいね!

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、記事を充実させるための外食費とガジェット費に充てさせていただきます😃

スキ♡ありがとうございます😋
3
旅行先のホテルでの滞在がちょっと快適になるポイントやガジェット、出張先で食べられるちょっと美味しいものをお伝えしたくて始めたnoteですが雑記です。以前はカメラ販売店で販売とDPEの仕事をしていましたが、現在は別な業界の販売支援や研修活動などで日本全国を回っています。小遣い制です