見出し画像

Simply Piano でバッハやってます

前回の記事。相変わらず亀の歩みだけど、着々と進めてます。

ボヘミアン・ラプソディ

中級 Ⅳ のあとはボヘミアン・ラプソディ。曲を全く知らないんで、同名の映画を鑑賞して気分を盛り上げてからトライしました! 映画の中ではこの曲の市場評価はあまり高くなさそうに見えましたけど、調べて見るとまったくそんなことなくてびっくり。こうして練習曲に取り上げられるのも頷けます。

というわけで、Simply Piano のボヘミアン・ラプソディ。非常に長い工程でしたが、なんとか「クリア」という状態に持っていくことができました。ただし、ぜーーんぜん弾けない。ちょうむず。

あまりのムズさに練習を諦めてしまった。

画像2

バッハの音楽

続いてバッハ。偉大な音楽の父です。最初はト長調のメヌエット。これまでと比べると左手の動きが複雑になってきたかな…。

曲が結構短いので、ミスなしで弾けるようになるまで頑張ってみることにした。どうしても一箇所ミスしちゃう状態から抜け出せなくてまあまあ大変だったけど、なんとか達成。達成感がいいね!(毎回言ってる)

画像1

という感じで、まだまだ続けていけそうです。楽しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
うれしい!!
気ままに書いてます