元画像

すぐ使える!トーンカーブのパターンをまとめてみた

こんばんはken(@kentanahashi)です。毎日更新は42日目。

今日はトーンカーブの基本的なパターンをまとめてみようと思います。

トーンカーブとはLightroomやPhotoshopなどにについている機能で写真の明るさやコントラスト(明暗の比率)を調整するための機能です。

下図のようにポイントをうつことで線グラフを調整していきます。


今回は詳しい説明は省き、いくつかのカーブのパターンと作例を載せておきますので、なんとなくトーンカーブについて理解してもらえたらと思います。自分用のメモも含みます。


この写真を作例につかっていきます。



明るくする

中央にポイントを作り元よりも上に移動させると明るくなります。


暗くする

中央にポイントを作り元よりも下に移動させると暗くなります。


コントラストを強める

右上と左下にポイントをつくり、右上のポイントを上に、左下のポイントを下に移動させるとコントラストが強くなります。


コントラスト弱める

先ほどと逆です。右上と左下にポイントをつくり、右上のポイントを下に、左下のポイントを上に移動させるとコントラストが弱くなります。


シャドウを引き締める

ハイライト、中間、シャドウの3か所にポイントをつくり、左下だけを下げるとシャドウが引き締まる。


シャドウの階調を出す

ハイライト、中間、シャドウの3か所にポイントをつくり、左下だけを上げるとシャドウの階調がでます。


透明感を出す

ハイライト、中間、シャドウの3か所にポイントをつくり、右上だけを上げると透明感が出ます。


ハイライトの階調をだす

ハイライト、中間、シャドウの3か所にポイントをつくり、右上だけを下げるとハイライトの階調が出ます。


黒つぶれを抑える

中間以下に3つポイントをつくり左下だけ上げると黒つぶれが軽減できる。


白とびを抑える

中間以上に2つのポイントをつくり右上を下げると白とびをおさえられる


色を濃くする

ハイライトとシャドウに2つのポイントをつくり、それぞれ下げると色が濃くなる。


色を淡くする

ハイライトとシャドウに2つのポイントをつくり、それぞれした上げると色が淡くなる。


これらのパターンを覚えておくだけでもかなり参考になると思います。

では今日はこの辺で

参考 RAW現像の教科書 桐生彩希 箸

質問、ご意見ご感想がある方はnoteのコメント欄やTwitter(@kentanahashi)のDMでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!!
146
写真やカメラに関する情報を発信しています。 1年1か月でTwitterフォロワー2万人超え ツイッター http://twitter.com/kentanahashi/ インスタグラム:https://www.instagram.com/ken_tanahashi/