見出し画像

何故タダで配信するのか

「タダで観れるのになんでお金払うの?」とご家族に言われながらも投げ銭して下さるお客様もいらっしゃるようです。本当にありがとうございます。

ライブハウスからのライブ配信がなんでこんなことになっているかというと、YouTubeの規約でurl(ネット上のアドレス)を売ることが出来ないんです。

「チケットご購入のお客様に限定公開のアクセスをお届け!」

これをやるとYouTubeは規約違反になる。

YouTubeにはメリットもあり著作権処理を発信者に代わって包括契約でやってくれています。安全安心。

例えばここnoteで楽譜の販売をしたら自分でJASRACに毎月最低でも5000円支払う必要があります。(PD…著作権切れの曲は別)

権利処理は無視出来ない要素です。

僕は著作権使用料を受取る立場でもあるのでこの事に批判的な立場ではありません。然るべき処理をすればいいだけの話です。

話をYouTubeに戻しましょう。

YouTubeがurlを販売できないという規約があり、そこで出てきたのが

無料配信+寄付(投げ銭)

というやり方です。

これが「タダで見れるのになんでお金払うの?」という状況が生まれた背景です。

ツイキャスプレミアムならばチケットご購入のお客様のみご覧頂けますが海外の楽曲はNGとのこと。

【追記…正しくは、海外の楽曲を法人が有料でアーカイブ配信する場合は事前にJASRACとのやり取りが必要になります。ライブ配信だけならば可能。
https://www.jasrac.or.jp/smt/news/20/interactive.html
https://www.jasrac.or.jp/info/network/pickup/movie.html


ライブハウスによってはツイキャスプレミアムに踏み切れない理由はここにあります。

僕はコロナが終わってもライブ配信は何らかの形で残るのではないかと見立てています。

配信システムのあり方が次のステップに舵を切れたら良いなと思うこともあります。

色々端折って書きました。

僕は権利処理のプロではないので詳しく知りたい方は専門家のご意見を参考にして下さい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
ピアノ、キーボード、作曲、編曲。ジャズを志して○○年。ロック魂あり。クラシック大好き。リーダー作9枚。移動ド。noteは主にレッスン的な事を記しますが雑文も。プロフィールはこちらで→ http://www.shinzawa.net