ちょっと一休みくらいさせてくれ

時々、仕事を休むことがある。

もちろん会議のあるような日や繁忙期には休まず出勤をする。
そうではなく、特に何もない・いつもの仕事をこなすであろう日で、なんだか疲れてるなぁと思うとき。プツッと糸が切れるような気持ちがして、もう一度ベッドに潜り込む。

あれ、私こんなに頑張ってなにを得ようとしてるんだっけ。あ、お金かぁ。
お金、必要だよね。でもさ、日給換算すると大体1万円と少しくらいかな?
それよりも今日ゆっくり休んだ方が価値があるんじゃないの。絶対そうだよ。しんどいもん、今。

そう言い聞かせて、休む。
そんな日が大体2、3ヶ月に一度くらいある。
罪悪感もあることはあるけれど、実際に休みを取ろうと行動するようなときは心身のSOSだと思って、開き直ってゆっくり休む。

皆勤出勤ができる社会人ってこの世にどれくらいいるんだろう。
起き上がりたくない気持ちを乗り越えて出勤できて、明日も明後日もちゃんと「する」人たちってすごいなぁ。
学生の時も思っていた。卒業式の日に皆勤出席の生徒が表彰されたりするけど、あれってすごいよ。すごいけど、私には無理だ。
どんなモチベーションで毎日出勤・通学してるのかがとても気になる。

会社員はそれぞれに役割がある。だから、その人が休むと進まない仕事もでてくるだろう。だから皆勤が当たり前。という理論もわかる。
学生なんて役割もなにもないのに(勉強することが仕事と捉えることもできるが)、よく毎日通学できるなと思う。

私は無理だった。高校の時なんて、校門まで行って引き返したり、飼ってた犬が膝の上に乗って甘えてきたからという理由で遅刻したりもしていた。

そういうとき思うこと。
「私があそこにいなくても大丈夫。」

自分がいないとダメだ!っていう場所って、一時的ならまだしも、長い間その状況なのはとても危険なことだ。
でも、全然いなくても大丈夫ってのも影が薄すぎる。意義が見出せない。

だから、
「私がいた方がいい。でも、いなくても大丈夫。」

これくらいのゆるい責任感が、私という人間にとってはちょうどいいのだ。
ダメな大人なのかもしれない。責任感がなさすぎる!とか、お金をもらってるのに社会人としての自覚があるのか?!このゆとりめ!とか言われるかも。

でもさぁ、いいよね。
私がいなくても他に元気な人たちのおかげで仕事はまわるし、地球もまわる。
でも、私自身は私が元気じゃないと動けないんだから。

2
25歳、女。たくさん聞いて、話して、すこしだけ書きます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。