2020/10/26【米国株・決算発表】2020年第3四半期決算をざっくりまとめてみた(INTC,KO)

残していた決算発表の結果です。


Intel(ティッカー:INTC)

ーEPS
EPS(non-GAAP)は$1.11、前年同期比-22%。コンセンサスは$1.11第2四半期ガイダンス$1.10は上回りました。

ー売上高
$18.33B(コンセンサスは$18.24B)、前年同期比+9%。第2四半期の見通し$18.2Bは上回りました。
-データセントリック売上高は-10%(第2四半期の見通し一桁台半ば%を下回りました)
-PCセントリック売上高は+1%(第2四半期の見通し一桁台半ば%を上回りました)

ーグロス・マージン
グロス・マージン(non-GAPP)は54.8%(-5.7ppt YoY)。

ーオペレーティング・マージン
オペレーティング・マージン(non-GAPP)は29.4%(-6.5ppt YoY)。第2四半期ガイダンス~30%(-6ppt YoY)を下回りました。

ーキャッシュフローと配当
今年度始めから
-営業キャッシュフローは$25.5B
-フリーキャッシュフローは$15.1B
-配当の支払いは$4.2B
でした。

ーNANDメモリ売却$9.0B
NANDメモリ、ストレージビジネスのSK Hynixへの売却合意をアナウンス。

ーEPSガイダンス
EPSの第4四半期ガイダンスは$1.10。
EPS(20年度は$5.12)の20年度ガイダンスは$4.85から$4.90に上方修正。

ー売上高ガイダンス
売上高の2020年第4四半期ガイダンスは$17.4B。
売上高(20年度は$5.12)の20年度ガイダンスは$75B(+4%YoY)から$75.3B(+5%YoY)に上方修正。

ーオペレーティング・マージンのガイダンス
オペレーティング・マージン(non-GAPP)の2020年第4四半期ガイダンスは$26.5(-9%YoY)。
オペレーティング・マージン(non-GAPP)の2020年度ガイダンスは~32%(-1ppt YoY)から31.5%(-1.5ppt YoY)に下方修正。

ーその他ガイダンス
資本的支出(CAPEX)の2020年ガイダンスは$14.2-14.5B。
フリーキャッシュフローの2020年ガイダンスは$18.0-18.5B。

CoCa Cola(ティッカー:KO)

ーEPS
$0.55(コンセンサスは $ 0.46)、

ー売上高
本業売上高(non-GAAP)は-6%でした。

ー営業利益
営業利益は-8%、為替レートの影響を除いた営業利益は+7%でした。

ーオペレーティング・マージン
オペレーティングマージン(GAAP)は26.6%。(26.3%)
オペレーティングマージン(non-GAAP)は30.4%。(28.1%)

ーキャッシュフロー

Year-to-dateで
-営業キャッシュフロー$6.2B
-フリーキャッシュフロー$5.5B

ー見通し
売上高・EPSについては来期・2020年・2021年見通しなし。為替レートの影響については見通しあり。

おわりに

今後、興味深い決算発表のついては詳説しようと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
投資家。(兼業) ゲイ。東大(理工系&修士まで)卒。 ASD&ADHDを疑われ、検査結果待ち。 できれば毎日アップデートしていこうと思います。 いろいろな事をやってみる事にしている自営業。 青森移住。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。