私がコロナと呼ばない理由

私は基本的に今回の新型ウイルスのことを「コロナ」という言葉をつけて言うことをしていません。それはなぜかというと、単純なことです。

「コロナ」という言葉を使われて、嫌な気持になる人がいるかもしれないからです。

私が住んでいる江津市の姉妹都市はアメリカのコロナ市という町です。カリフォルニア州にあり、ロサンゼルスからも近いベッドタウンだそうです。この関係は、1983年に江津市の企業がコロナ市に進出したことが縁で、子どもたちの交換交流事業が始まったのだそうです。

今回の新型ウイルスの名称によって、この町の人たちが嫌な思いをしたり、心ない言葉を投げかけられたりしているのではないでしょうか。そしてまた、もしかしたら、この名称が自分の名前になっている人たちもいるかもしれない。この名称が悪役として使われるのを目にするたびに、その方はどんな思いをするのでしょうか。

そんなことを考えると、この名称を使用しなくても伝わるのなら、そうしたいと思っているのです。

新型ウイルスに陽性になった方々は、あらぬ誹謗中傷や差別を受けている方も多いと聞きます。このような社会状況だからこそ、他者のの気持ちを考えるということが大切になってくると思います。

私はあえてこの名称を使わないということを通して、他者の思いを考えることを忘れないようにしたいと思っているのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
島根県江津市波積町にある浄土真宗本願寺派光善寺というお寺の住職です。お寺の行事やお寺の暮らし、思いなどと徒然なるままに書いて参ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。