見出し画像

生活改善合宿2020(初日~3日目)

こんにちは!前回は高卒支援会独自の取り組み、生活改善合宿についてご紹介しましたね。

今日は、今年開催された生活改善合宿の初日から3日目の模様を、引率した当会スタッフ根本さんにご報告してもらおうと思います^^

今回は高校生のAくんとTくんが参加メンバーとなりました。

1日目

社会福祉法人の職員・障がい者施設利用者の方とご挨拶からスタートです!

画像1


朝9時に参加者2名と青梅駅に集合し、生活改善合宿を担当してくださる久保田さんと一緒に日の出太陽の家に。

まずは、1週間同じ場所で過ごす、職員・障害者施設利用者の方に順番に挨拶に行きました。

障がい者施設利用者の方と、「A君、T君、よろしくね」と挨拶を交えたあたりから2名も緊張がほどけたように見えました。

私は、昨年度も日の出太陽の家に来ていたので、障がい者施設利用者の方に「根本さん、久しぶり!去年の花咲き祭りではコーヒー一緒に買いに行ってくれてありがとう!」と話しかけてもらえました!

そのあとは明日仕事体験させていただく農園へ視察に行きました!

画像2

農園の方々から「明日からよろしくね!」と挨拶され身が引き締まりました^^

この時期は、夏野菜の残りや根菜の収穫などがメインとなってくるようです。

「明日からビシバシ働いてもらうからね!笑」と言われ少しビビっている二人でした!

その後、日の出太陽の生い立ちのDVDを見ながらオリエンテーションをし、

利用する武家屋敷のお風呂場とトイレを掃除して晩御飯です。ここのご飯めっちゃおいしかったとのことです、、、、さすがです!

画像3

お風呂に入って、振り返りをして、1日終了です。

2日目

朝は7時に起床!

参加者のA君は自己啓発の本の7つの習慣を元に、ミッションステートメント=人生の設計図の1つ『朝起きる目標を明確にするため・運動不足を解消するために朝起きてランニングをする』をさっそく実践していました。

画像4

朝ごはんは合宿先から出ますが、「朝飯お腹に入んないっすよー」と文句を言いながらも農作業が控えているので無理やりお腹にご飯を流し込んでいました。

画像5

9時に今回の農業体験サポートの仕事先である「地球農園」に移動。

10時から農業体験に来る家族が2組来るのでそのための準備をします。

30分ほど準備をし、農業体験に来たのは、カップル1組、お子さん連れの家族1組でした。

私からは一言「久保田さんに付いて体験の方に対する対応をよく観察しな」とだけ伝えあとはずっと見ていました。

研修スタッフとして挨拶する二人、初めてのことで緊張していましたが、農業体験に来た方々にとっては一人のスタッフとして見られるわけです。本人たちもそれを感じとったのか、合宿を担当してくださる久保田さんにくっつき体験者と一緒に一通り農業体験のプログラムをこなしていました。

画像6

久保田さん「よーし、じゃあ午後からは二人で農業体験のご家族の対応をしてみようか」と一言。

午後は3組の家族連れが参加、

いきなり無理だよーという顔をしながら、二人に任せてみたところ、「こんにちは!」と自分から挨拶!

「まずは、この畑でとれた安納芋を焼いて、収穫が終わった後に食べましょう!」と最初にならったプログラムを実施していました。

「ではさっそく畑に行きましょう~、まずは小松菜を取りに行きましょう~」といったように次々と畑を案内していました!

野菜を収穫するだけではなく、コミュニケーションを取りながらスケジュールをこなさないといけないので、体だけではなく頭も常に動かしていないといけません。

『一人のスタッフとして見られる』ということは責任感がおのずと発生します。

プレッシャーもあったと思います。しかし、その中で成長する二人の姿を見られました。

画像7

農業体験に来た家族のお子さんには帰り際泣かれ、「お兄さん達ともっと遊びたい~」と言われるほど気に入られていました(笑)

夜は、疲れている中で、取れた食材などを使いご飯にかけるシチューを作りました。

ご飯を食べた後、疲れたのか10時には就寝、、、3日目の農場稲刈りに備えます。

3日目

朝8時前には起床!朝ごはんと身支度をしていざ農作業場に。

2人とも朝から農作業に奮闘。枯れ草を一輪車で運ぶ作業…

決して重労働ではありませんが、日ごろの昼夜逆転生活からお日様の下に戻った2人には過酷な作業だったようです。

画像10

午後に、参加者のT君がダウン。新しい環境に慣れず、夜眠れなかったのが原因でした。武家屋敷に戻って爆睡。

もう一人の参加者のA君は一人で奮闘しました!草刈り機にも挑戦〇

根本「暑い中、よく頑張ったな。疲れただろ。」

A君「俺結構、地道な作業得意かもしれないっす、だるかったっすけど、やりがいありました。」

画像11

15時に作業が終わり、疲れもピークに差し掛かっていたようでした。

A君は9時半には就寝。よく頑張りました!

夜にはT君も復活。

T君「俺、今日出来なかった分、明日頑張ります!」

4日目は母子生活支援施設で、子どもたちのボランティア活動があります。

T君の活躍は次回にご期待ください!

今回もお読みいただきありがとうございました!

ここからは当会についてのご案内です!



当会公式youtubeチャンネルのご案内

当会はyoutubeチャンネルも運営しています!

日常・企画での生徒たちの様子、OB・OGによる不登校談義など充実の内容が数分でご覧いただけます!

ぜひ再生・チャンネル登録お願いします!


当会会長著書のご案内


当会会長・杉浦孝宣の著書をご案内します。2019年発売の新書「不登校・ひきこもりの9割は治せる」です!当会の生徒たちが不登校・ひきこもりからいばらの道を進み社会復帰できるようになったストーリーを数多く掲載しています。杉浦の著書を読んで相談面談を申し込んだ、と言ってくださる保護者の方も多くいらっしゃいます。書店、Amazonで購入可能です。

代表本


当会のメディア掲載履歴


当会は不登校・ひきこもり支援の評判を聞きつけて下さったメディア関係の方々に日々取材を受けています。新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど多様なメディアで紹介していただいているのですが、最新は朝日新聞さんに取材を受け11月5日に13面(私の視点)にて「中高生の引きこもり支援 行政は訪問体制を整えよ」という記事を載せていただきました!​

画像9

当会公式サイト、ご相談のご案内


NPO法人高卒支援会公式サイト、ご相談お問い合わせはこちらです!相談は対面、オンライン、訪問と多様な方法で随時申し込み受付中です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

募金感覚でいただければ嬉しいです!

ありがとうございます!
3
不登校・引きこもりの、支援の正しいありかた・予防法を発信します! 中高生の不登校・ひきこもり救済のための毎日登校型通信制高校サポート校・フリースクール運営。新宿,水道橋教室。(新宿駅、水道橋駅からそれぞれ徒歩5分) 公式HPはこちら! https://kousotsu.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。