見出し画像

長崎県庁経験者採用:過去問

長崎県庁経験者採用の過去問を掲載しています。


過去問

※論文試験は、90分、1200字

【2022】
本県が直面している課題として、どのようなものがあるか述べたうえで、あなたが考える課題解決のための効果的な取り組みについて述べなさい。

【2021】
本県では、AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)・ロボット関連分野における高度専門人材の育成や、地場企業の成長分野の事業拡大・生産性向上に取り組んでいます。このような取り組みを活用し、長崎県がスマート社会として発展していくための具体的な取り組みについて、あなたの考えを述べなさい。

【2020】
多様な歴史と文化、個性あふれる離島、豊かな海洋資源、アジアとの近接性などの本県の優位性を活かした具体的な産業振興策について、あなたの考えを述べなさい。

【2019】
長崎県の経済活性化のためには、国際競争力のある産業の育成や経済成長著しいアジア諸国の経済的活力の取り込みが必要であると思われます。そこで、企業活動を活性化させるための効果的な取り組みについて、あなたの考えを述べなさい。

【2018】
本県では、力強い産業の育成や雇用の創出などによる県民所得向上の推進を図っています。そこで、県内産業の育成及び産業を支える人材の育成について、あなたが考える効果的な取り組みを具体的に述べなさい。

【2017】
活力ある長崎県を次世代につなげるため、本県では、県内の企業や農林水産業、観光業等を支援しています。そこで、地域経済を支える産業振興のため、あなたが考える効果的な取り組みについて述べなさい。

【2016】
地域ブランドは、特産品や観光資源に限らず、景観や伝統文化、産業など、地域固有の資源からの創出が可能であり、全国で様々な取組が行われています。長崎県における「ブランド化の推進や新たなブランド価値の創出」について、あなたの考えを述べなさい。

【2015】
県民所得の低迷や人口減少・少子高齢化など多くの課題を抱えている本県において、豊かな地域づくりを行うために行政が果たすべき役割についてあなたの考えを述べなさい。

究極の論文模範答案集

日本唯一の経験者採用専門予備校Gravityが、満を持して模範答案集の提供を始めました。

市役所や県庁で出題が予想される最新テーマが掲載されており、あらゆる受験先に対応できます。

この究極の模範答案集を使うことで、あなたの論文力は今日にでも合格レベルに達するでしょう!

詳細は下記URLよりご確認ください。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?