【MUP Week3】

自己変革の準備について初めて行きます。

結論

【アイスを買わない冒険ができなきゃ人生の冒険はできない】

人生は気づかないうちに、ライフスタイルが決まってしまっているんです。例えば、朝起きて顔洗って→準備→電車通勤→仕事→昼ごはん→仕事→帰宅→夕食→テレビ→就寝という様にルーティン化しています。この癖をなくしていかないと、成長や人生は変化できないです。

でもいきなり大きく変化していくのは難しいので小さいことから変えて行きましょう。例えば毎朝コンビニでサンドイッチを買っているのを、アイスを買ってみたりしてみましょう。コンビニで買う物も変えられなければ人生変われないです。徒歩で通勤しているのを自転車に変えたり、起床時間を早くしてカフェに行ったりなど変えて言ってみましょう。

自分の領域以外の人と会えるコミュニティを作る

義務教育の9年間、その後の6年間を同じ様な地域で同じ様な話をして同じ様な趣味やスポーツなどをしていると自分の周りには同じ様な人とコミュニティを作ってしまいます。

例えば毎回同じ会社の人と飲みに行っていたのを違う会社の人と飲みに行ったりすると、自分の会社外のことが分かるので企業文化やホワイト企業、働き方など色々視野が広がると思います。そうすると自分の人生をより良くする為に転職を考えようと視野が広がって来ます。

なので自分の持っているコミュニティとは違うコミュニティを広げて行きましょう。

あなたの夢なんですか?

大体の人はまだ分からない、見つかってないですなんて言う回答になるのではないでしょうか。その為に【視野】を広げて行きましょう。

視野を広げる為に、上で書いている様な違うコミュニティでの情報収集や様々な人と会いましょう。次にできることを学んで行きましょう。視野が狭い状況で見つける夢は小さいので視野をまず広げましょう。

スキルがない人はやれる事が分からないから、やれそうな事が分からない。やれそうな事がないから夢も見つからないです。だからコミュニティを広げてみて下さい。

簡単なことだと転職エージェントに相談したりすると何か選択肢が広がったり、今後どうしていこうなんて考える良いきっかけになるので、まず何か行動してみましょう。

多様性なき場に成功なし

東大は頭良い人しか集まらないので多様性があまりない。しかしあのハーバード大学は物凄く頭が良い、もしくはバカでもお金があれば入れる大学です。これで多様性を調整している為、世界一頭が良い大学なんです。

実はフェィスブックが生まれたのも、多様性があったからです。頭が良い人達が集まっても何も生まれない。だけども頭が良くてお金がない、頭は悪いけどもお金はある、そうなると学内投資が生まれてフェイスブックのサービスは生まれたんです。

だから色んな人と関わりを持ち多様性を生んでいく事が重要になります。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
■24歳/営業マン ■焼肉、ハンバーガー、グルメ ■スキーインストラクターやってみたりしてる