【MUP Week8】

ブラディングについてここでは話ていきます。

結論:商品を売りたいのなら、商品を売るな。

このブランディングがないと、どんなに商品が良くても、サービスが良くても売ることが出来ないです。

企業には4つのブランディングがある。

マーケティング

特定の人に好きと伝えること。

広告

不特定の人に好きですと伝えること。

PR

自分からではなく第3社から好きですと伝えることです。

ブランディング

相手から好きだよと言ってくれるようにすること。

ブランディングあれば100発100中なのでどんなマーケティングよりも効率的ですよね。企業であれば無駄に広告費をかけなくて良くなります。

ブランディングでも4つのビジネスブランディングに分かれる

①コーポレートブランディング
HP/資本金/ロゴ/提携先/代表者/法務

②プロダクトブランディング
価格/材料/パッケージ/雰囲気/デザイン/希少性/認可/資格/効果

③マーケティングブランディング
どういったチャネル/ターゲット/メディア/SNS/口コミ/キャッチコピー/ストーリー

④セールスブランディング
販売方法/顧客の選定/提携先選定/資料

ブランディングがないとどんなことに陥ってしまうのか?

ブランディングがないと【価格競争→サービス競争→自社コスト負担→利益率低下→コスト削減→PR削減→シェア率低下】また価格競争→。。。と負のスパイラルに陥ってしまいます。

コーポレートブランディングで一番重要なのは、競合は把握するけども、競合は作ってはいけないということが重要です。コーポレートブランディングとは「○○だけど自社は○○ではないと」明確に断言すること。

例えばGoogleだと利益の90%が広告収益で、広告会社であるのに広告会社ではないと断言している。テックカンパニーだと言っている。これをもし競合のいる広告会社だと言ってしまうと、多くの競合が出来てしまうことになりますよね。

具体的なプロダクトブランディング

例えば、世間一般的にはカフェラテが1杯500円位でもホテルのカフェだったら1杯1000円で売ってたりします。+500円乗せて販売するには付加価値や提供する時に何か体験出来るようなことがないと提供できない。こういった付加価値を提供することがブランディングです。

最終的には、その商品を売りたければその商品を売ってはいけないということがプロダクトブランディングです。

マーケティングブランディング

例えば1杯500円のスターバックスコーヒーと、1杯100円のマクドナルドコーヒーがあるのに人はなぜスターバックスのコーヒーを買うと思いますか?

マクドナルドはフランチャイズで単価も変えないので、いかに回転率を上げて利益を確保するかと考えていますが、スターバックスは全店舗が直営店なのでお客さんがいかに広いスペースでゆったり寛げるかと考えているので、マーケティングブランディングが異なる為、価格も違ってきます。

セールスブランディング

例えば、Yamahaは500〜1000万円するピアノ売ろうとしても直ぐに売れないので、Yamahaピアノ教室を開きそこでピアノを買わせるということに戦略を立ててます。なので相手からピアノ欲しいですということを言わせるというのが戦略になります。商品を売りたければ商品をPRしていけない。

サービスエンターテイメントはお客さんをいかにワクワクさせる体験を提供できるかなので、お金をかけずにできるので付加価値を提供していきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
■25歳/営業マン ■web面接でサービス・不動産業界⇨IT(Saas)業界に転職 ■web面接の転職で仙台⇨東京に移住 ■コロナで会社が打撃を受け本当に必要だと感じた資格ではなく資産スキルを発信