【MUP Week4】

【継続スキル】がないとどんなスキルも身につきません。

結論

成長の継続にモチベーションには邪魔

まずはモチベーションは捨てる!ビジネスにおいてモチベーション論は一番邪魔な存在です!モチベーション関係なくセルフマネジメントをできる様にして行くのがベストです。

【学ぶ+知る→行動する→継続する→①or②→継続する→ここで結果が出る】

①=失敗する

②=成果なし

①②があるたびモチベーションに変動があったらどんどん下がってしまいます。なので結果が出る仕組み化を自分で行える事が重要です。

例えばコンビニの店員さんのモチベーションにもし変化があってもレジ打ちや、品出しできますよね。これは企業がどんな人でもできる様にマニュアルをしっかり作っているからです。モチベーションという人ほど何もできないです。モチベーションはいわば株価なんで予測ができないです。

では、どうやって継続するのか?

スキルを付けるには時間が必要なので、まずは時間をしっかり作って行きましょう。ビルゲイツやマークザッカーバーグでも1日は誰でも平等に1秒も狂わずに平等にあります。

時間には上手い使い方と下手な使い方がある!

スケジュールが重要になって来ます。スケジュールは予定表ではなく目標管理シートになります。①タスクごとに制限時間を書く②行動を入れるこの2つがスケジューリングする上で重要です。

行動を入れる?

この時間は人と会う時間・カフェに行く時間・1人になる時間だと先にまず決めます。その後に誰と会うのか、何をするのか決めます。それが出来なかったらスケジュールから消します。消した=自分が出来なかったことになるので少しでも空欄がなくなる様に継続して行きましょう。だから目標管理シートになります。

制限時間

制限時間内に自分のタスクが終わらなかったら負けです。サッカーも一緒です。制限時間内に相手より点数を取らなかったら負けにるのと一緒です。まずは自分の行動管理をしましょう。

これらを継続する為に重要性・緊急性をしっかり下記の様に分けて管理を行います。そして右矢印を出して書いている方向に持って行きましょう。

【重要×緊急】
→締め切りがあるタスク・クレーム処理 →減らして行く

【重要×緊急ではない】
→健康維持・スキルアップ →増やして行く

【重要ではない×緊急】
→突然の訪問・いきなりの電話 →放置

【重要ではない×緊急ではない】
→テレビ・飲み会 →止める

「8時間で木を切る時間が与えられたら、5時間は斧を研ぐことに使う」

時間には2つの時間がある

生産可能時間と非生産可能時間の2つです。

非生産時間をまずは排除しましょう。例えば移動時間にメールの返信や勉強したりすれば、座って仕事する貴重な有効時間を効率的に使えますよね。

1度会った人は継続的に繋がることに徹底しましょう。フェイスブックとかではなくSNSで繋がりましょう。フェイスブックやLINEは何か用がないと連絡しなため忘れてしまいます。SNSで繋がっておけば投稿が流れて来たりするので忘れないです。生産時間を無駄にしない為繋がって置くこととを意識する事が大切です。

そして誰かと会って学んだことはブログでアウトプットや周りに話して定着させることで自分のスキルになるので継続して行なって行きましょう。 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
■25歳/営業マン ■web面接でサービス・不動産業界⇨IT(Saas)業界に転職 ■web面接の転職で仙台⇨東京に移住 ■コロナで会社が打撃を受け本当に必要だと感じた資格ではなく資産スキルを発信