見出し画像

触れてほしい。撫でてほしい。

行ってらっしゃいのキスでさようなら。そっと頭を撫でて去っていく彼の背中を、見えなくなるまで眺めてた。


頭を撫でられるとどうしてあんなに幸せな気分になるのだろう。

それだけで、涙が出そうになる。慈しむような、愛おしさがそこにあるような錯覚に陥るのだ。愛する人からの頭ぽんぽんは、世の女性を幸せにすると思う。(興味ない人からの頭ぽんぽんは鳥肌もの…下手すれば殺意がわくレベルですのでご注意を。)


「頑張ったね」って、「頑張ってるね」って言って、その大きな手で触れてほしい。

大人になると、頭を撫でて褒められることなんてない。

そもそも、褒められる機会もそう多くはない。一週間がんばったこと、褒めてほしい時だってある。

言葉にしなくても、頭をぽんぽんとされるだけで、"わかってるよ"と言われた気になるのだ。

わかってるよ。大丈夫だよ。

そんなふうに言われたような気がして、安心感から幸せを感じるのかもしれない。


頭を撫でてほしくて、髪に触れてほしくて、会えない日々にケアをする。天使の輪ができるくらいツヤツヤに。梳かしたくなるほどサラサラに。思い出すような香りを纏って。


#エッセイ #日記 #コラム #美しい髪 #ショートストーリー

この記事が受賞したコンテスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
サカエ コウ。

サポートとても嬉しいです。凹んだ時や、人の幸せを素直に喜べない”ひねくれ期”に、心を丸くしてくれるようなものにあてさせていただきます。先日、ティラミスと珈琲を頂きました。なんだか少し、心が優しくなれた気がします。

好きな作品2.テレビ演劇サクセス荘。大好き。めちゃくちゃ好き。
63
いつも読んでくださる方には感謝を。お久しぶりの方はおかえりなさい。初めましての方はようこそ。通りすがりのあなたもよければどうぞ。エッセイ、ショートストーリー、ときどき写真でお送りしています。金曜の夜のビターな物語が好きな魚座のAB型。