高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から②弱気な高齢者~ラポール

高齢者雇用を円滑にするためのコーチング~会社側から②弱気な高齢者~ラポール

おはようございます!

コーチングトレーナー・Kouです★

では、前回の続きです。

弱気な高齢者に対して、会社側からのアプローチとして使うコーチングツールは、「ラポール」「自然観察」がありました。

では、まず「ラポール」からお話します。

この会社は、経営陣と従業員たちの士気が高く、より会社を大きくしょう!という気持ちが強い会社でした。
しかし、弱気な高齢者のネガティブな発言により、従業員の士気が下がり始めていることに、経営陣が危惧しているとのことでした。

経営陣にこれまでの話を聞くと、
経営陣が士気高く仕事をすることを従業員に見せていました。


例:営業成績を前年度から上昇させたら、特別休暇を与えよう
  このプロジェクトを取ったら、従業員みんなにボーナスをあげよう
といった発言があったり・・・
  経営陣自ら営業電話をかける
  従業員が気持ちよく仕事ができるよう、掃除を率先してする
  従業員に対してまめに気遣いの言葉をかける

このような経営陣の姿を見ている従業員は、

ミラーリング:経営陣の真似をする
マッチング:経営陣と従業員が同時に行う
ペーシング:従業員が率先していい行いをする

このように行動を共にすることで、経営陣と従業員とのラポールが形成されていました。

ここに、弱気な発言を繰り返す高齢者を巻き込み、ラポール形成を築き、士気の高い状態につなげようというコーチングを行いました。
  

弱気な高齢者の前では、「しんどいですよね」「休みたいですよね」「この年齢まで頑張ってこられたんですよね」といった安易な同調ではなく、

「一緒にこのパワーポイントを作ってみましょう」
「ほかの従業員よりも多く休憩を挟んでもいいので、この会議には一緒に出席してください」
「あと何分したら休憩ですよ」

といった、前向きな未来が見えるような声掛けをしてもらうように、周囲の従業員にお伝えしました。

それを日々繰り返していくと、3か月ほど後には、高齢者のネガティブな発言は目に見えて減ったことがわかりました。

さらに半年後、自ら率先して掃除をしたり、「次の会議ではこのような提案をしようと思っている」と、仕事に対して前向きな発言がみられるようになりました。

これで、ラポールの形成は成功です!
次回は、「自然観察」について見ていきましょう。


       アメブロ https://ameblo.jp/kou-coaching

        Twitter @Kou_coaching

自分を変えたい、人や組織に対していい影響を与えたい、そんな方々に向けて、コーチング研修を行っています。
まずは自分たちがコーチング研修に入るまでに行ったことを備忘録として残していきます。その後、現在行っている研修の経験等を発信していきたいと思います。
よろしくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コーチKou

コーチングとは、 セルフコーチング・相手へのコーチング・団体へのコーチング があります。 数多く実践してきたコーチングを書き留めていきたいと思い、ブログを始めました。 よろしくお願いします! ~NLP公認プロコーチ資格所有~

ありがとうございます!
コーチングとは、 セルフコーチング・相手へのコーチング・団体へのコーチング があります。 数多く実践してきたコーチングを書き留めていきたいと思い、ブログを始めました。 よろしくお願いします! ~NLP公認プロコーチ資格所有~