江東社会的養育を考える会 コラム
虐待通告後の顛末

虐待通告後の顛末

江東社会的養育を考える会 コラム

虐待と向き合ってそれなりに対応している機関は多くあります。学校や保育施設、警察や地域の相談機関など多岐にわたり、全貌を把握することは難しいところです。新聞で発表のあった19万件は令和2年度に児童相談所が受理した件数です。

区市町村の相談受理件数は公表されており、その数は平成2年度で約12万件となっています。児相と合計すると30万件を越えます。ただし、区市町村から児相に通告した件数が重なりますので、正確な数値は分かりません。参考までに最近の通告件数を伸ばしているのは、警察からのもので、通告の約半分となっています。内容的には夫婦間のトラブルを子どもに見せてしまう面前暴力(心理的虐待)が多くを占めます。図表のその他は、主に入院や区市への指導委託など所管変更です。

今回は東京都児童相談所1万7千件の相談の後を追ってみました。親子分離まで進んだケースは440件(2.5%)です。残りの97%は、児相の指導のもとで様子を見るケースを含めて子どもは地域に戻って生活を続けることになります。子どもを守るには、やはり地域力が豊かになることが鍵と言えるのでしょう。

虐待通告の顛末

青葉紘宇
執筆者プロフィール

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
江東社会的養育を考える会 コラム
社会的養護とは、親と暮らせない子どもに生活の場を保証する分野を指します。普通の生活の中では出会うことの少ない世界です。虐待によって親と一緒に暮せない場合や、経済的理由や家庭トラブルの事情で一緒の暮らしができないなど様々な背景を抱えている子どもが対象となります。