見出し画像

ことばは「ふるさとワーキングホリデー」に協力しています!

こんにちは!一般社団法人ことばです。
皆さんに嬉しいお知らせがあります✨

先日、ことばの広報メンバー阿部若菜が、総務省の「ふるさとワーキングホリデー」の参加経験者としてインタビューされ、そのPR動画が公開されました!!

↓↓↓動画はこちら↓↓↓

彼女はこの制度を活用し、山口県の農家の仕事を体験しました。都会でずっと生きていくことに違和感を覚えていた彼女が新しい居場所を得て帰ってきたストーリーを、ぜひご覧ください。

そして今日は、子ども交流や若者向けの体験活動ではないふるさとワーホリをなぜことばの学生が活用するのか、その裏側をお見せしたいと思います。

 ことばでは「自分の人生を1からデザインする楽しさで溢れる社会」を目指しており、その活動の一環として今年度、株式会社Oriaiから委託を受け、ふるさとワーキングホリデー(以下:ふるさとワーホリ)のPR活動に少しだけ参画させていただいています。

↓ふるさとワーキングホリデーを詳しく知りたい方はこちらへ。↓
https://furusato-work.jp/

 ことばがふるさとワーホリに出会ったのは2018年。
 当時年間協賛をしてくださっていた「公益財団法人みんなの夢をかなえる会」よりご紹介いただき、理事の大浦が北海道の美瑛にお邪魔したことが始まりでした。

(↓当時の様子)

 その後、この制度を活用していつもと違う地域へ行き、自身の活動に生かせるヒントを得られただけでなく暖かい居場所のようなものをいただけたことに感動して、ことば内でもこの制度を紹介するようになり、ふるさとワーホリを活用する学生が少しずつ増えてきています。

 小学生〜高校生までを対象に様々な交流活動を展開していることばですが、活動地域は岩手県と東京都が主です。

 大学生のボランティアメンバーには子どもたちに新たな発見や視点を伝えてほしいと願っていますが、そのためにはまず大学生メンバー自身がたくさんの考え方や生き方と出会い、多様な価値観・在り方を吸収していく必要があるはず。
 日本全国で「はたらく」を体験できるふるさとワーホリの取り組みを通して、大学生メンバーにも成長してもらい、子どもたちと対峙する時に是非生かして欲しいとの思いから、協力を始めることとなりました。

 現在、ふるさとワーホリの学生事務局として、動画に出演している阿部をはじめ複数名のことばボランティアが活動しています。

今後は彼らの活躍も追っていきますので、
是非お楽しみに〜〜〜〜!!!!

🌿ふるさとワーホリの魅力をもっと知りたい方はこちらもご覧ください!
https://furusato-work.jp/voices/

=====================
年間を通じて寄付で支えてくださる
マンスリーサポーターを募集しています👣
↓↓↓↓↓
https://syncable.biz/associate/kotoba/vision

【一般社団法人ことば】
公式サイト🌱: https://www.kotoba.life/
Twitter🕊: https://twitter.com/child_and_place
Facebook🗣: https://m.facebook.com/kotoba.life/
note📒: https://note.com/kotoba_2016_life
YouTube📹: https://youtu.be/9DuPT5Ty0zU

【僕らの夏休みProject】
公式サイト🌻: http://bokunatsu.com/
公式twitter🕊: https://mobile.twitter.com/bokunatsu_pj
公式Facebook 🗣: https://m.facebook.com/bokunatsu.pj/
公式instagram📸 : https://www.instagram.com/bokunatsu
=====================

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!よろしければシェアお願い致します☺️
8
ことばは、「本音で生きられる若者を増やす」がミッションの一般社団法人です。自分の人生を1からデザインする楽しさであふれる社会を目指して活動しています。