見出し画像

進路に悩む高校生に送る!仮面浪人からの学び

こんにちは!僕らの出張!ミライ会議(通称:僕ミラ)です!


前回の記事はこちら👈

これを読んでくれている高校生は

進路どうしよう…やりたいことが見つからない…など

悩んでいることもあるのではないでしょうか?

ここで紹介する大学生も、高校生の頃進路について悩んでいたり、また今も進路について悩んでいることだってあります。

そこで、大学生を1人ゲストに呼び、大学生のリアルな悩みや大学で学んでいることや大学受験の話、高校生の時の体験談などを伝えていきたいと思います。


このコンテンツは、既に一般社団法人ことばのYouTubeチャンネル「ことばのじかん」で公開されているものを文字起こししてお届けしています。

☆URLはこちら→https://youtu.be/f9ytx9kK0Z0
☆Instagramでは、仮面浪人時代のスケジュールも公開中!
https://www.instagram.co8m/our_future_talk/?hl=ja

画像1

*****

ー記念すべき初回のゲストはむっちゃんです!

むっちゃん:はい!今現在21歳で法政大学3年生です。出身は東京都で、趣味はテニス、旅行、バスケかな。大学では社会学部社会政策学科に所属してるんだ。

画像4


ー社会学部 社会政策学科って何を学ぶの?

むっちゃん:社会学部で社会のことを学ぶかと思いきや、お金や経済、環境など様々勉強しているよ。主には国際関係について学んでるんだ。

ーじゃあ英語も勉強するの?

むっちゃん:2年生までは英語も勉強していたよ。

ーなるほど。高校の教科で言ったら政治経済あたりがメインなのかな?

むっちゃん:そうだね。あとは世界史も。社会政策学科=政治経済世界史って感じだね!

ー国際に興味があるってことは留学とかも行った?

むっちゃん:行ったことありますよ~これからもいく予定です!前は1ヶ月弱行ってて、今はこのあと1年間行くためのプランを立ててるところ。

画像4


ーむっちゃんが高校生のみんなに伝えたいことは?

むっちゃん:「決断を怖がらないでほしい」と伝えたい!

ーそう思った背景にはいろんな経験があった?

むっちゃん:苦しい経験を乗り越えてきたからかな。

ー苦しい経験か…具体的な内容も聞いていいかな?

むっちゃん:4年前くらいの時だね。“本当の”大学1年生の時の話。

ー“本当の”…なんとも意味がありそうな…詳しく聞いていいかな?

むっちゃん:端的に言うと、大学1年生を2回経験してるんだ。留年じゃないよ(笑) 大学を辞めたんだ。

ー1年生を2回⁉ 大学を変えたって感じ?

むっちゃん:そうだね。変えたというか、もう一回受験をし直したって感じかな。大学に在学しながら、別の大学の受験勉強をしてたんだ。高校生みたいな受験勉強を大学の授業と並行していて、この生活を本当の大学1年生の9月からやってた。いわゆる仮面浪人を4ヶ月くらいしてたよ。

ー大学を変えるって大きな決断だと思うけど、それは良かった?後悔とかなかった?

むっちゃん:うん。良かったよ。後悔もしてない。

ーじゃあ、むっちゃんにとっての大きな決断は“大学を変える”ってことだったんだね。

むっちゃん:そうだね。それは一個分岐点だったかなって思うよ。行動する中でだんだん大事だったものが見えてきたんだ。一歩進むことによって、また先に進めて、それが続いて道になるっていうのを今になってすごく感じてる。だから悩むよりもばっと行動したほうが良いなって思うんだ。

ーなるほど。決断して一歩前に進め、必ずその決断はいい方向になるよってことを経験から学んだんだね。

むっちゃん:そう。例えば仮面浪人の例で言ったら、もちろん失敗(受験に落ちる)もあり得ると思う。でも、失敗しても自分にとって何か気づきは必ず出てくる。だから選択を迫られたときに、何も行動しなかった場合より良い方に行くと思うし、より早く良い方に向かえるってのはすごく大事だよね。

ー失敗してもそれは自分の捉え方ってことだね。実際むっちゃんも大学を変えるっていう大きな決断をしたことで、こうして今元気にやれてるんだね。

むっちゃん:そうだね。あのころと比べてもすごく元気でやってると思うな。

画像6

↑留学中のむっちゃん

画像4

ー今回のまとめ、高校生に伝えたいことは?

むっちゃん:決断ということは必ず訪れる人それぞれの分岐点であることでしょう。

何が正しいのか、何が違うのか。

納得がいく答えは親でもなく、社会の声でもなく、自分自身でしか出せないものです。

選んだ道の中、時には努力をしたり、苦難が降りかかることもあるでしょう。

しかし、選んだ道を自分で突き進むことで何か新しい世界が広がるはずです!

自分の信じた「正解の道」を進んでみてください!

画像5

ーむっちゃんからヒトコト🐾


むっちゃん:この記事を読んでくれた皆さんには、僕が自分の決断に自信を持っている人間のように見えるかもしれません。

しかし、決断をすることは、僕にとっても難しく、実を言うと、後々失敗だったな…と感じる決断の方が多かったりするんです。

だけど、それでも僕が決断を恐れてはいけないと感じる理由があります。

それは、決断をしないと行動が出来ず、行動をしないと未来が開かれないからです。

頭で思い描くことで終わらせず、実際に行動することで理想が具現化されると思います。このことを心に留めておいて頂けると幸いです。

*****

ここまで読んで頂きありがとうございます。

次回は、高校時代はネガティブだったけれど、大学生になってからリーダーなどの経験を通しポジティブに変化した大学生のお話です!

次回もお楽しみに!!

各SNSもご覧ください↓↓🙇‍♂️

Instagramhttps://www.instagram.com/our_future_talk/
Twitterhttps://twitter.com/our_future_talk?
Youtubehttps://youtube.com/playlist?list=PLqZEuVRmA6IZZCx0V8bdPQYuSvwAC7i7X
Facebookhttps://www.facebook.com/oftmiraikaigi/
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊よろしければSNSでも広めてください
1
ことばは、「本音で生きられる若者を増やす」がミッションの一般社団法人です。自分の人生を1からデザインする楽しさであふれる社会を目指して活動しています。