見出し画像

バルセロナでバスキング

海沿いの広場は良かったので、バスキングをする。やはり色々な人達がチップを入れてくれる。年末ということもあるのかな。3時間で50ユーロだった。フィレンツェと同じくらいの様だ。他の場所でもバスキング出来ないか探すことにした。中心街の細い路地やホステル近くの人で溢れている路地等色々試してみた。僕は日本語で歌っているので、日本人から色々声をかけられた。音楽をやっている大学生や地元浦安からイギリスに留学している大学生、JICAに所属し、モロッコへ行く女性やバルセロナに住んでいる日本人女性等。色々な人達と出会った。音楽をやっている大学生だった男の子は今ではインディーズデビューをしている。Blumesというバンドのベーシストである。バルセロナに住んでいた女性は出版社を退社し、フリーランスとして働いているようだ。スペイン人の元夫がいたようである。彼女にはおにぎりをご馳走になった。モロッコへ行く女性は大阪へ行った時に再会した。今では結婚されているようだ。

バルセロナは観光地であるため、地元の人達と仲良くなることは難しかった。年末年始のため、より一層観光客が多かったのだ。ホステルにも色々な国から旅行客が来ていた。僕が話したのはコロンビア人のテレビタレントやアフガニスタン人の軍人等日本にいたら、出会うことは出来なかったと思う。それぞれ異なる国ではあるが、皆旅をしているのだ。旅をしなくても、普通に生活は出来るのだけど、旅をしなければ出会えない人達がいる。これは海外の動画を見ても、出来ないことだと思う。今ではネットがあるから、それでコミュニケーションは取れるのだけど。バスキングも同じで、実際に各国の路上に立って、演奏しないと見えないことが沢山ある。ネット配信がこれからは主流になっていく中、時代遅れなのかもしれない。変化しなければならないのだけど、また落ち着いたら路上で演奏したい。

順調に行きそうなバルセロナだったが、3日もすると、徐々に反応が悪くなってきた。観光客が帰国してしまったからな。そして、警察が来て、何度か警告を受けた。他のパフォーマーもいきなり減ってしまった。ギターを没収されてしまったバスカーもいるという。僕はラッキーだったと言われた。バルセロナはバスカーで沢山だったのだけど、年末年始になり、警察も厳しくなるとのことだ。あれせっかく良い感じになっていくと思ったのだけど、フィレンツェよりも厳しいぞ。いつもの広場に向かうとカモメがやって来て、僕の肩に糞を落としていきやがった。バイクに乗って停めようとしたら、犬の糞を踏んでしまった。踏んだり蹴ったりだと思ったら、いつの間にか新年になったのであった。

ありがとうございます!
10
日本生まれ中国上海育ち バイクユーラシア大陸横断🏍️ バスキングで世界周遊🎸 https://koshigamo.wixsite.com/website
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。